自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝城の茶畑はとてもきれいだったのです
2014年 07月 07日 (月) 12:05 | 編集
食後は、周りに茶畑がある田舎にやってきました。

140628tea.jpg

海南(ヘナン)郡にある尹善道(ユン・ソンド)遺跡地です。

140628tea (3)

尹善道(1587-1671)とは誰か?朝鮮王朝時代の忠臣であり、詩人であり、先生であり、名家であったようです。ここは、その名家である尹家に代々伝わってきた貴重な資料が展示されています。当時の住宅がそのまま保存されていればよいのですが、遺跡地です。

140628tea (4)

善導は尹家の第16代当主なのですが、展示資料によると、第12代の孝貞、第19代の斗緒が有名のようです。第19代斗緒の自画像は国宝にもなっています。その自画像の前で解説をするガイドさん。ここでも、みっちり説明してくれました。原稿を見ることなく、すべての情報が頭の中に入っているのですから、大したものです。

140628yun.jpg

展示品の中に江戸時代の日本地図がありました。

160628tea(5).jpg

東北地方もよく書けています。南部家に対して津軽家の存在感が薄いような気がしますが。

140628tea (6)

外には巨木があります。こちらは樹齢500年のイチョウの木。

140628tea (8)

こちらは、樹齢300年の松の木。

140628tea (7)

つくづく思うのは、建物も残っていればよかったのに、ということ。

さて、次の目的地は宝城(ポソン)郡です。ここは、今回のツアーの中で、私が密かに期待していた場所。学校の教科書に書いてありましたが、宝城には有名な茶畑があるそうです。その茶畑に来ました。

どうやらこの茶畑は民有地のようです。

140628tea (9)

奥に茶畑が広がっています。

140628tea (10)

有名な観光地だけあって、お客さんもたくさん来ています。

140628tea (11)

最初は、韓国ではあまり見かけない、杉並木です。

140628tea (12)

ここから先が茶畑です。

140628tea (13)

まず、茶畑を見る前に、無料のお茶を一杯。

140628tea (14)

そして、ほとんどの人が食べているお茶ソフト2,000ウォン。

140628tea (15)

その隣ではお茶を買うこともできます。そして、茶畑へ。

140628tea (16)

きれいに管理されている茶畑です。この茶畑では、ドラマやCMの撮影がよく行われるようです。

140628tea (17)

ただ、面積が広いせいか、手入れが行き届いていない茶畑あります。雑草が生い茂っています。その横を、中国人のグループが歌を歌いながら通り過ぎます。

140628tea (18)

茶畑の中から、タケノコが出ていました。このまま放っておくと、立派な竹になってしまう。

140628tea (19)

ここの茶畑は、山の斜面を使っており、上に、上に広がっています。その山の上からは、どのような眺めが広がっているのか?

140628tea2 (1)
140628tea (20)

距離は短いのですが、

140628tea2 (3)

結構、坂道が急でした。

140628tea (21)

山頂から見える光景は、茶畑、森林、海。いい景色です。

140628tea2 (4)

バスの出発時間が決まっているので、長居はできません。駆け足で、坂を下ります。後ろでは、アジュンマが、足を滑らせて、転んでいます。注意、注意。韓国ではあまり見かけない、杉並木があるんです。花粉症の方は、春はダメでしょうね。

140628tea (23)

フォトゾーンがあります。ここから見える風景がきれいだということでしょう。

140628tea (1)

でも、私は、茶畑の曲線がはっきり分かる角度の方が、きれいだと思います。

140628tea (2)
140628tea2 (2)

今回行ったのは、夕方、西日が強くなってからですが、多分、朝日が当たる茶畑や、雨に煙る茶畑もきれいだと思います。なにより、茶畑しかないところなのに、韓国人の若者の多いこと。宝城=茶畑のイメージで、年間を通じてたくさんの観光客が来ているのでしょう。日本でも参考jにできないかと思いました。

by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。