自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木浦現代ホテルは、巨大クレーンの隣にあったんです
2014年 07月 05日 (土) 23:30 | 編集
今回の南道一周ツアー、宿泊するホテルは、ハナツアーが厳選した5つ星ホテルです。

初日の宿泊は、木浦にある現代ホテルです。

木浦駅の周辺からは、海を挟んで対岸、木浦大橋を渡って、20分くらいかかります。

ホテルのエントランスからは、クレーンの向こうに沈んでいく夕日が見えます。

140627hyundae (1)

オーシャンビューを期待しましたが、オーシャンははるか遠く、

140627hyundae (2)

それから、ベランダに出て首をひねると見えます。

140627hyundae (3)

真正面にあるのは、現代グループの採石場。

140627hyundae (4)

それから現代グループの大きなクレーン。

140627hyundae (5)

オーシャンビューではなく、現代ビューです。

せっかく木浦に来たのですから、繁華街に行ってみます。タクシーを呼んで、木浦駅まで2万ウォン。結構しますね。のっぽ駅の前にはブランドショップが並んでいて、ルミナリエ。

140627hyundae (6)

ただし、飲食店がありません。ようやっとのことで、何年か前に行った、有名ナクチ料理の店を探し当てました。

140627hyundae (7)

メニューには日本語が書かれていますし、

140627hyundae (8)

店頭にはナクチがいます。

140627hyundae (9)
140627hyundae (10)

ただし、営業時間は8時半まで。現在の時間は9時前。ダメです、入れません。そうしたら、店の人がタクシーを呼んでくれて、どこどこへ連れて行ってくれと言っています。タクシーがきて、運転手さんがいろいろと説明してくれますが、どうやら、美味しい食堂は、市内に点在して行って、店を閉める時間は早いこと、今から行くところは刺身を食べる場所であること。とりあえず、乗せてもらって着いたのが、

140627hyundae (11)

刺身通りです。店頭に生簀があって、魚介類を購入して、さばいてもらい、後ろの食堂で食べるというやつです。

140627hyundae (12)

一通り歩いてみて、暗いのでよくわかりませんでしたが、港が近くにあるのだと思います。生簀の中には、ケーブル(ユムシ)、

140627hyundae (13)

ホヤ、

140627hyundae (14)

アワビ、

140627hyundae (15)

店の人は刺身を食べてと。声をかけてきます。水槽の中には、ヒラメ、イシダイ、タイなどが。

140627hyundae (16)

この手の刺身は、高い割には、味がイマイチだと思っているので、敬遠します。

やっぱり、木浦と言えばナクチです。

140627hyundae (17)

それから、イカも美味しそうです。

140627hyundae (18)

ナクチが3匹で2万ウォン、イカが2杯で1万ウォンで、手を打ちました。

まず、水槽からナクチを取り出して、頭を取ります。

140627hyundae (19)

そして、水で洗って、

140627hyundae (20)

包丁でぶったたきます。

140627hyundae (21)
140627hyundae (22)

そして、奥の食堂へ行きます。

140627hyundae (23)

食堂では、サンチュやコチュジャンなどのヤンニョムセットが一人3,000ウォンです。

生きたナクチは、皿の上でまだ暴れています。

140627hyundae (24)

こんなに細かくなってしまっても、皿から逃れようとする、生命力の強さ。吸盤がくっつきますが、サンチュに包んで、生ニンニクを一切れ乗せて食べると、生タコの食感と、ごま油の香りと、ニンニクの辛さが相まって、あぁ美味しい。

そうしているうちに、イカの刺身も届きました。

140627hyundae (25)

こちらのイカの味は、正直言って「?」。身がモチモチしていて、大味です。普段から、マイカ、ヤリイカ、スルメイカになれている東北人には、ちょっと違うなという感じでした。

そんなこんなで、ビールを少し飲んで、刺身を食べて、ホテルへ戻ります。

その時に一悶着。タクシーはすぐにつかまったのですが、料金を払う段になって、不透明。メーターは回ってなかったのです。にもかかわらず、運転手は15,000ウォンを要求します。カードで支払って、領収書を見ておかしいことに気が付きます。メーターは0kmで基本料金の2,800ウォン。その他料金で12,200ウォン。釈然としませんでしたが、既にカード決済を終えているので、万事休すです。

さて、ホテルには地下にバーがありました。客が8人しかいないバーで、生歌を聴き、カクテルを2杯飲んで、この日はおしまい。なんか中途半端なバーでした。

次の日の朝は、ホテルのブッフェ。品数も多く、味もいいので、がっつり食べてしまいました。

そして、テラスに出てみると、

140627hyundae (26)

遠くに防潮堤と水門が見えます。

140627hyundae (28)

そして、ホテルのすぐ裏は、造船所でしょうか、船を作っています。

140627hyundae (27)

そして、なるほど、このホテルは現代グループの出張者のために作られたホテルだったのだと、納得しました。

140627hyundae (29)
140627hyundae.jpg


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。