自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
順天ECO国際ウォーキング大会の様子です
2014年 06月 26日 (木) 12:54 | 編集

スタートしてからは、ずっと川沿いの遊歩道を歩きます。コンクリートではなく、足に負担をかけないように、クッション性のある歩道となっています。

140621walk2 (1)

順天はのどかなところです。

140621walk2 (2)

川には、水鳥が沢山います。

140621walk2 (3)
140621walk2 (5)

滝のようなオブジェもあります。

140621walk2 (4)

川に別れを告げて、山の方に向かいます。

140621walk2 (6)

途中にある食堂。

140621walk2 (7)

カニ定食が15,000ウォン。歩くのを途中でやめて、食べたいくらいです。

140621walk2 (8)

食堂街を抜けて、山へ向かいます。

140621walk2 (9)

竹と広葉樹が入り混じった林です。

140621walk2 (10)

この日のウォーキングコースは、順天湾には向かわず、林のコースです。日曜日のコースは順天湾に向かいます。

140621walk2 (11)

この辺りは、トレッキングコースが整備されていて、その一部を歩きます。

140621walk2 (12)

林の中に入っていきます。

140621walk2 (13)

そして、10kmと25kmコースの分かれ道。

140621walk2 (14)

この先は、ずっと林の中をアップダウンします。

140621walk2 (15)

ここから先は、コース標識が全くありませんでした。それから、前を歩いていた一行が忽然と姿を消しました。こうなると、今歩いているところがコース内なのか、コースから外れているのかわからず、心配になります。手元にあるコース図より、どう見ても長い距離を歩いているのですが、なかなか標識がありません。感覚的には、山の周りを一回りしたような感じです。

後ろからついてきた、学生たちも、この道でよいのか心配しているようです。多分、コース標識があるべきところになくて、想定以上に歩いているのだと思います。そうしたら、ようやく係員がいて、矢印を設置していました。

140621walk2 (16)

チェックポイントを通り、林を抜けて街に出ます。

140621walk2 (17)

川沿いの道を引き返しますが、本格的に雨が降ってきました。

140621walk2 (19)

でも、大丈夫、雨にあたらないように、屋根がついています。

140621walk2 (18)

スタート時間がもっと早ければ、雨にあたらなかったのに、と思いながらゴールしました。

140621walk2 (20)

私の直前を歩いていた一行は、既に、ゴールしていて、弁当も食べ終わっており、私一人遅くゴールした格好となりましたが、トレッキングコース内で絶対に違う道を通ったのだと思います。

晴れていれば、順天湾に行く予定だったのですが、雨のため中止です。


by arero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。