自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国最高峰、ハルラ山を登る その1
2014年 06月 20日 (金) 09:01 | 編集
6月14日土曜日、初めてのハルラ山登山です。済州道には何度か行ったことがありますが、ハルラ山は初めてです。今回の済州行では、必ずハルラ山へ行こうと決めていたのです。

済州市内のホテルを朝7時半に出発、8時頃に登山口につきます。バスの停留所もあるので、バスで来ることも可能です。

140607hanla (2)

ちなみに、ここは城板岳(ソンパナク)の駐車場です。

140607hanla (4)

駐車場に停めきれない車が路上にあふれています。

140607hanla (3)

駐車場にはトイレのほか、売店もあります。

140607hanla (7)

済州島は、ユネスコの生物圏保存地域、世界自然遺産、世界地質公園に指定され、自然科学分野での3冠王を達成し、世界7大自然景観にも選定されており、その記念碑があります。

140607hanla (6)

スタート地点の標高は750m。

140607hanla (5)

登り始める前に情報収集です。

140607hanla (10)

ビジターセンターがありますが、そこには入りません。

140607hanla (8)

看板からルートを確認。

140607hanla (9)

頂上へ向かうのは、右(東)からのコースと上(北)からのコースの2本だけです。

それを拡大すると、

140607hanla (11)

全長19.2km、登りの所要時間は4時間半、下りの所要4時間40分。往復で9時間超の長丁場です。今回は、水を2.5リットル、おにぎり2個、チョコレート、ホテルのパンを持ってきているので、水分補給も心配ありません。

それでは、8時20分。いざ、出発です。

140607hanla (12)

この時間帯は、登り始めるには遅いのだそうです。既にたくさんの登山客がいて、登山道も渋滞しています。

140607hanla (13)

なだらかなのぼりが続きます。ハルラ山の中では、城板岳が最もなだらかなんだそうです。

140607hanla (14)

途中、途中にコース図があるので、あとどのくらいの距離なのか、時間なのか、とても役立ちます。ちなみに、登山道は1本道なので、迷うことはありません。

140607hanla (15)

それから、250メートルおきに、このような標識があります。途中で、けがをしたり、体調を崩したりで、急きょ救急隊へ電話連絡しなければならないとき、現在地を確認するためのものだそうです。ただ、このコース上に何本設置されているのかはわからないため、あとどれくらいの距離が残っているかは計算できません。ただ、ところどころにコース図があり、現在地が書かれているので、どの辺にいるのかはわかります。

140607hanla (16)

登っていくと、標高の標識が出てきます。

最初の避難所です。トイレに行き、ホテルのレストランから持ってきたパンを食べ、ちょっと休憩します。

140607hanla (18)

だんだん標高が高くなっていきます。

140607hanla (19)

140607hanla (20)

上りは、途中に1か所湧水があります。これは、三多水と同じなのでしょうか。

140607hanla (21)

まだまだ、なだらかな坂道です。

140607hanla (22)
140607hanla (23)

標高が高くなるにつれて、坂道が急になってきます。

140607hanla (24)

それでも、登山道は整備されているので歩きやすいです。

140607hanla (25)

ただ、溶岩岩石を敷き詰めているため、段差が大きく、また、岩石にの向きと体の向きが違うと、足首をひねりそうになるので、注意が必要です。

140607hanla (26)

頂上までの最後の休憩所が近づいてきます。

140607hanla (27)
140607hanla (28)

この辺りはツツジが群生しており、5月はとてもきれいな場所だそうですが、今はその気配もありません。上る途中の人、下りてくる人、めいめい休んでいます。

140607hanla (1)

今回は、ここまでとします。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。