自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウル弘大(ホンデ)の居酒屋事情
2014年 05月 18日 (日) 09:00 | 編集
金曜日、夜8時半の弘大です。地下鉄2号線の弘大入口駅は大混雑、駅の出口は待ち合わせの人たちで大混雑、とおりではストリートライブが行われています。

140516honde (2)

若者の街ですが、会社員、外国人、学生、いろんな人たちがいます。ここでは、セウォル号の事故は全く関係ありません。弘大には日本風の居酒屋がたくさんあります。その中で向かったのは「うまい京都」。

140516honde (3)

1階はオープンカフェ風になっています。客の年齢層は比較的上の方。カップル、若しくは男女のグループ、女子のグループ、男子のグループといった順で多いようです。

隣のテーブルに女子3人組がやってきました。メニューを見ていたら、おもむろに席を立ち、店の外に出ていきました。雰囲気が良いので入ったものの、メニューを見たら、値段が高めなので、出て行ったのでしょう。

140516honde (4)

日本風の居酒屋はどちらかといえば、価格は高めです。注文を取りに来る店員は、日本語で話しかけてきます。

140516honde (5)

日本のようにお通しがあります。

140516honde (6)

メニューを見たら、日本酒がたくさんあります。価格も、ピンからキリまで。周りを見ていると、日本酒を飲んでいる若者はそんなにいませんが、飲んでいるのは、パック酒の「がんばれ父ちゃん」とか「白鹿」とか。日本でも有名なお酒は、4合瓶で1本2万円以上しますから、普通の若者には手が出ませんね。小金持ちが、お姉ちゃんをはべらせて、好きなお酒を飲め、という雰囲気でもありませんし。

私たちは、とりあえず、腹ごしらえ。

鳥の空揚げ。

140516honde (7)

揚げ出し豆腐。

140516honde (9)

この揚げ出しは、豆腐が柔らかくて、美味しかった。

140516honde (10)

そして、立派な刺身の盛り合わせ。

140516honde (8)

マグロ、タイ、サーモン、ヒラメ、貝、タコ、イカ、ホヤなど、十分な種類があります。3人で食べるにはちょうど良い感じです。

お酒は、一番安い、MAXの生ビールのジョッキ1杯ずつと、コカコーラ。なんたって、インド人の友人はお酒を飲めませんので。

どちらかというと、落ち着いて飲んでいるという感じで、客の動きがないので、1時間ほどで席を立ちます。お勘定は73,000ウォン。ですから、7千円ちょっと。料理3品、ビールが中ジョッキ2杯、コカコーラで、この金額は、十分高めです。青森でこの金額だと、もっと美味しいものを食べれて、飲むことができるでしょうね。中ジョッキ1杯しか飲んでいないのですから。

140516honde (11)
140516honde (12)

そして、次は、韓国風の居酒屋に。ここは、何回か来ていて、その度ごとに、隣のテーブルの人と一緒になって飲んでいますので、楽しい店なのです。

140516honde (13)

15分くらい待って、入店できましたが、1階は席がなく、2階に通されました。これまでの経験上、1階はオープンな雰囲気で男子はナンパばかりしていますが、2階は閉鎖的な空間なので、どうなのか。

店内は、K-POPが大音量でかかり、時折、皆で踊ったり、歌ったりしています。でも、なんとなく、前回と雰囲気が違う。客層は、男子のグループと、女子のグループ。私たちのテーブルの近くの男女の比率は、男子の方が若干多め。

11時を過ぎても、男子だけ、女子だけで飲んでいて、あまり動きが見られない。

観察をしていると、面白いです。男子のグループを観察しても仕方ないので、女子グループを観察。だいたい、焼酎をストレートで飲んでいるか、焼酎+ビールの「ソメ」を飲んでいます。私たちは、焼酎(瓶が緑色なので「グリーンデビル」と呼んでいます。)は頭が痛くなるだけなので、ビールオンリー。インド人の友人はコーラオンリー。

焼酎の瓶は、開けるときに瓶を振って気泡を立てるのですが、女子がその仕草をしているのを見ると、どんだけ飲めるのかと思ってします。2人組の女子は、焼酎3本、スプライトを1本開けて、顔が真っ赤になっています。さすがに、その子たちに話しかける男子はいません。

左のテーブルの女子4人組。曲に合わせて、箸でビール瓶をたたいたりしています。その隣にいる男子二人組は、全く話しかける素振りはありません。

ななめ左の女子4人組。焼酎をぐいぐい飲み、お化粧直しに、スマホ、その繰り返しです。その隣の男子4人組。鍋を突っついているだけです。

そうこうしているうちに、客が数か所で入れ替わります。左のテーブルに女子3人組が座りました。メニューを見て、何にするか考えています。おそらく、20分くらい待って入れたのでしょう。そうしたら、するするっと男子が寄ってきて、手にチケットのようなものを握っています。話が付いたのでしょう、女子3人組を連れて、外に出ていきます。

その後に座った女子2人組。飲み始めてしばらくすると、その隣に座っている男子2人組が話しかけてきます。女子4人組がいた時はそんなそぶりは全くなかったのに。でも、男子2人組のうち、1人は完全に引いています。自分たちのテーブルから写ってきません。そして、話しているというよりは、電話番号、カカオトークのIDを交換しているのですね。一緒に飲むというよりは、すぐに男子は自分のテーブルに戻ります。その女子が空いた席に、今度は別のテーブルから男子が遠征してきています。12時を過ぎて、少し動きが見られるようになりました。

右隣の男子4人組。女子を探してきたのでしょう。個室に移っていきます。その後にやってきた女子3人組。店内の雰囲気が変わります。明らかに、かわいい。男子が、チラッ、チラッと見ているのがわかります。男子が何人か話しかけますが、今のところは完全に「NO」。みんな撃沈です。

その後ろに座っている女子2人組。年齢が高めなのか、「近寄らないで」というオーラを出しているからなのか、男子は誰も寄ってきません。

12時を過ぎたけど、まだ時間が早めなのでしょう。比較的みんなおとなしく飲んでいます。

そういう、私たち、会話の練習をしに来たのですが、ただ見ていたわけでhなく、私は左隣の女子に話しかけあえなく撃沈、フランス人の友達は右隣の女子に話しかけてあえなく撃沈。お互い、年の差が結構離れているからね、とビールを飲んで慰め合うのでした。

フランス人の友人は、そろそろソウルでの仕事のプロジェクトが終わり、フランスに帰ります。これまでは梨泰院で飲んでいたようですが、弘大にきてからは、すっかり弘大が気に入っています。あと、何度一緒に来れるかわからないけど、年甲斐もなく、若者の街で飲んでいます。

by aero-K


スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。