自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月6日、お釈迦様の誕生日の曹渓寺
2014年 05月 12日 (月) 13:02 | 編集
5月6日はお釈迦様の誕生日。

北岳の渓谷帰りに、鍾路にある曹渓寺に寄ってみました。ここは、韓国最大の仏教の宗派である曹渓宗の総本山です。うちは、父方のお寺は、八戸市の長流寺、曹洞宗です。同じ「曹」が付きますので、元は同じなのでしょうか?

曹渓寺に向かう道は、露店が出たり、仏教用品のお店があったり、とても混雑しています。

140506temple (2)

曹渓寺の正門は、すごく人が集まっています。

140506temple (3)

門の前の灯篭が、お祝いムードを醸し出しています。

140506temple (1)

そして、色とりどりの提灯。

140506temple (4)

境内は人であふれており、何をするにも行列待ちです。

140506temple (10)

提灯の下にテーブルがいくつか並んでいます。

140506temple (9)

何かを書いているようです。

140506temple (5)

名前を書いて、生まれた年を確認しています。お札のようです。

140506temple (6)

握りしめたお金が生々しいです。

このお札を、提灯に下げています。

140506temple (7)

なんと、日本から来た方の名前もありました。わかるかな、真ん中に「植田壽」さん。

140506temple (8)

正殿の前もすごい人です。

140506temple (13)

読教の時間が決まっているのでしょう。

大仏の前にもすごい行列ができているんです。

140506temple (11)

金ぴかの大仏は、圧倒的な存在感です。

140506temple (12)

セウォル号の献花場もあります。

140506temple (14)

正殿の中に入るのも、献花するのも、拝むのも、とにかく行列に並ばなければなりません。

140506temple (15)

最後、2本だけ残っていた線香に火をともし、世界平和を祈願しました。

イベント好きな韓国人の気質がよくわかる、釈迦誕生日でした。


by aero-K



関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。