自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月4日 宗廟大祭に行ってきました
2014年 05月 05日 (月) 10:10 | 編集
5月4日は年に1度の宗廟大祭です。韓国観光公社の無料招待には漏れましたが、行ってきました。

140504ceremony (2)

今回は、王様の行列は、セウォウル号事故のため中止となり、宗廟内での儀式だけを行います。

正殿の前は入場制限です。

140504ceremony (3)

中では何かやっています。

140504ceremony(4).jpg

中に入っているのを待つ人の行列があり、中に入り始めます。入口で入場者の制限をしているようですが、まぁひどいもの。割り込んで中に入る人がいるし。

どのくらい待っているのか知りたくて、列に並んでみました。

140504ceremony (5)

石畳の通路は、王様が通る道です。ですから、一般人はここを通ってはいけません。係員は、ここを通らないように注意します。並んでいる私たちに向かっては、建物側に寄って道を空けるように指示します。話すことは、それだけ。正殿の中に入れるのかどうかもわかりません。どれだけ並んでいるかというと、

140504ceremony (6)

門のところまではまだまだ先です。おそらく、後ろまで含めると千人近くは並んでいたと思います。16時半に大祭が始まります。並んでいる人は気になります。本当に中に入れるのか?係員は答えます。途中で出てくる人もいるので、入れるかもしれない。

正殿の外には大型スクリーンが2か所あって、あきらめてスクリーンを見る人が出てきます。

140504ceremony (7)

列に並びながらスクリーンを見る人たち。当然、列が間延びします。その隙間に割り込んでくる人たち。スクリーンの前には椅子がありますが、そこだって人がたくさん集まっていますので、後ろの方はよく見えないでしょう。

140504ceremony (8)

だいたい、中に何人入っているのかチェックしていないので、途中で出てくる人がいても、どれだけスペースがあるのかわからないし、何人は入れるのかもわかりません。一定の時間間隔で、20人くらいを中に入れています。

日本だったらどうするのか?

多分、中のスペースから何人くらい入れるかをチェックし、想定人数をまず中に入れるでしょうね。それから、入口と出口を別々にし、場内は一方通行にして、入る人の数と出る人の数をチェックするでしょうね。そして、中に入れる人数を入れるんじゃないかな。

こんなに並んでいて、結局中にはいられない人はトラブルになるだろうなと思いながら、大祭開始後1時間たって、正殿の中に入れました。

140504ceremony (9)

中には椅子があり、その後ろに立ち見の人たち。

儀式が続いていますが、今、何をしているのかはわかりません。

140504ceremony (10)

当然、司会者がして、何をしているのか説明しています。

140504ceremony (11)

正殿の中にも大型スクリーンがあって、字幕も出ます。

140504ceremony (12)

ただ、すべて韓国語ですので、外国人には自動翻訳機が必要です。というか、そこまで深く、儀式の内容を考えながら見ている人は少ないと思います。せいぜい、色がカラフルとか、厳かだとか、そんな感じではないでしょうか。

そのうち、雨が落ちてきました。

140504ceremony (13)

折り畳みのテントを手早く広げて、外で楽器を演奏している人のところにかけます。

140504ceremony (14)

雷もなり、突風が吹き大変です。

140504ceremony (15)

運営スタッフは観客にレインコートを配り始めます。この辺はしっかりしています。雨が降り始めると、当然帰る人たちも出てきます。雨宿りをできる場所に移動です。

140504ceremony.jpg

正殿の中の方はよく見えません。

140504ceremony (16)

それぞれ王様の魂を祀っていますので、それぞれで儀式を行っています。

140504ceremony (17)

この儀式の最上位の者「初献官」が登場します。「初献官」は、王様か、正一位の者が務めたそうです。

140504ceremony (18)

これは、初献官が祭祀に使われた酒と祭物を食べ、神から福を授かる儀式です。

140504ceremony (19)

初献官が外に出てきます。

140504ceremony (20)

恐らく同じような儀式を行っています。

140504ceremony (21)

祭礼に使った書物を全部燃やすと、すべての儀式が終わりです。祭官が集まってきます。

140504ceremony (22)

19時終了予定のところ、18時前には終了です。

140504ceremony (23)

終わったとたんに、観客が壇上に上がり始めます。でも、宗廟の近くには行けません。司会者の写真を撮ったり、祭官の写真を撮ったりしています。

140504ceremony (24)

途中雨が降ってきたので、韓国観光公社の指定席で見ていた人は大変だったと思います。雨宿りもできませんし。

140504ceremony (4)

最初行列に並んだ時はどうなるかと思いましたが、途中からでも正殿の中で見ることができました。そもそも、1時間半にわたる儀式をすべて見ることは難しいです。儀式なんですから、その意味が分かれば、より楽しめると思います。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
去年も今年も…
宗廟の大祭…去年も今年も計画していたのに、諸事情により断念(;_;)
来年こそ!!と思っていたところこの記事のアップ嬉しい~~です(^-^)/
やはり人多いんですね。でもそれでも普通に並んでどう動くか、どのくらいでは入れるか、がよくわかりました。確かに全部鑑賞(?!)するには長いですよね。
ところで、11月にも宗廟の祭事があるのですか?大祭ほど大きな行事ではないようですが、一般にも公開されているとか…よくわかりませんが、もし本当なら行きたいなぁなんて考えています。
セウォウル号の事故(人災…ですね)は本当に悲惨で、亡くなってた方のご冥福と不明者の一日も早い発見を願わずにはいられません。
2014/ 05/ 05 (月) 11: 22: 44 | URL | たんぽぽ # -[ 編集 ]
人、人、人でしたね

解説を聴きながら見れば、すごくいいと思います。来年も韓国観光公社が外国人観光客を無料招待すれば、絶対におススメです。ソウルは、こういうイベントものにはとにかく人が集まりますので、せっかく日本からおいでになるのだったら、早め早めの行動が必要です。11月の祭祀については、ちょっとわかりませんね。
2014/ 05/ 05 (月) 22: 58: 19 | URL | ソウルの達人への道 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。