自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西帰浦のウォーキング大会ってどういうもの?
2014年 04月 05日 (土) 09:00 | 編集
3月29、20日の2日間にわたって西帰浦市で開催された菜の花ウォーキング大会。今年で16回目です。

日本でも、いろんなところウォーキング大会が開かれていますが、西帰浦は国際ウォーキング連盟が認定した国際大会です。

3月は韓国 西帰浦市の菜の花ウォーク、4月は日本 久留米市のつつじマーチ、5月は中国 大連市のアカシアウォークと、春の時期は3か国で順番に開催し、ウォーカーたちの国際交流が行われている大会でもあります。

5月といえば、青森県でも、弘前市でりんごウォークがあるのですけれど...

今回の大会スケジュールは、8時ころから会場で参加登録手続きなどがあり、9時半ころから祝賀公演、出発式、10時に20kmコースの出発という流れでした。

29日の祝賀公演、警察の大型バスがありましたので、警察音楽隊のようです。

140329walking (2)

こちらも29日の祝賀公演、地元のお母さんたちによる太鼓の演奏です。

140329walking (3)

こちらは30日の祝賀公演、子どもたちのハンドベル?

140329walking (12)

こちらも30日の祝賀公演、サムルノリです。

140329walking (10)

広場ではブースを出しています。在済州日本国総領事館では、日本の観光パンフレットの配布と、日本酒の試飲を行っていました。飲みたいところですが、出発前なので、ぐっと我慢です。

140329walking (13)
140329walking (1)

海外からの参加者のためのブースもあります。

140329walking (6)

海外といえば、中国の大連市から、大勢の方々が参加していました。

140329walking (7)

もちろん、日本から参加している方も多数いました。

140329walking (8)

初日は、出発式がありました。

140329walking (4)

ピンクのジャンパーでひときわ目立っているのが、福岡県久留米市から参加の皆さんです。原口市議会議長さんを団長に十数人、お話を聞いたところ、毎年参加している方もいるとか。久留米市では、4月26~27日に「第17回久留米つつじマーチ」と冠したウォーキング大会が開催されます。

そして、壇上の右端に立っているのが、在済州の鈴木総領事さん。

140329walking (5)

この総領事にはびっくりしました。このようなお偉方は、出発式だけに出席するか、歩くにしてもわずかな距離であるのが常ですが、鈴木総領事は、足を引きずりながら、両日とも20km、2日間で40kmを完歩です。二日目は、ご一緒させていただいて、いたるところでカメラのシャッターを押しながら、時間をかけて歩きましたが、鈴木総領事曰く、「トップに立つものが現場を知ってこそ、真の現場主義。現場に権限を渡すことが現場主義ではない。」。いやはや、深く感銘を受けました。

二日間、同じコースを歩くのかというと、そうではありません。ちゃんと、違うコースになっています。

140329walk01.jpg
140329walking.jpg

ですから、コースによる景色の違いなんかも楽しめます。

だいたい1時間で4kmの計算なので、20kmだと5時間かかります。ほぼ、計算通りの時間で歩くことができました。

初日は、終了後、会場でマッコリ、近くの炭酸温泉に行って汗を流し、夜は急きょ西帰浦市主催の夕食会に呼ばれるなど、いかにも韓国的な展開でしたが、とても楽しく過ごすことができました。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。