自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盛岡三大麺 そのうちの二つをはしごしました
2014年 03月 28日 (金) 09:00 | 編集
盛岡駅では、3つの新幹線車両を見ることができます。

140324morioka (3)
140324morioka (4)

そして、キャラクターはわんこそば。

140324morioka (2)

そして、さっそく、わんこそばの名店へ。

140324morioka (5)

有名店だけあって、サインがずらりと並んでいます。

140324morioka (7)

わんこそばは各種ありますが、テレビでよく見かける、お椀を重ねるタイプは、3,150円です。

140324morioka (6)

わんこそばを食べるのは、2階で。給仕さんが、給仕してくれます。食べている人がいたので見学してきましたが、学生さんらしい若い男性が150杯くらい食べていました。普通は男性で50~60杯くらいだそうです。

歴代のトップの人は、スゴイ!

140324morioka (8)

私は、わんこそばはあきらめて、天ざるです。

140324morioka (9)

カラッと揚がった天ぷらと、手打ちそば、日本ですねぇ。

140324morioka (11)

そばは少なめですよと言われたので、大盛りにしました。

140324morioka (10)

次に訪れたのは、盛岡じゃじゃ麺の元祖パイロンです。

140324morioka (12)

ここではもちろん、じゃじゃ麺。

140324morioka (13)

どのように食べるのかをチェックして、

140324morioka (14)

麺は、ほとんどウドンです。

140324morioka (15)

そこに、ねぎ、キュウリ、肉みそ、生姜があり、酢、ラー油、ニンニクを入れてかき混ぜる。

140324morioka (16)

シンプルなんだけど、美味しい。このうまさの秘密は肉みそにあるのだろう。

食べ終わった後は、卵を入れて、そこにスープを注ぎ、ちいたんたんのできあがり。

140324morioka (1)

こちらもシンプルなんだけど、美味しい。店内は、地元の人で満員です。地元の人は回数券を買って食べています。地元の人に愛されているわけだから、美味しいはずです。


盛岡三大麺の残り一つは、盛岡冷麺です。食べようか、食べまいか。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。