自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これぞ日本のトンカツだ
2014年 03月 27日 (木) 13:00 | 編集
今週は、月~火と1泊2日の盛岡出張でした。ソウル事務所は、青森・秋田・岩手・北海道が共同運営しており、年に1回、4道県の道県庁の担当課長が集まり、1年間の事業結果を報告したり、今後1年間の事業計画を決定し、事務所運営についてご指導をいただく大事な会議があったのです。

年度末の忙しいこの時期、盛岡までの日帰りは無理なので、最短で1泊2日。それができるのは、金浦~羽田~新幹線で盛岡の行程でした。

数ある航空会社の中で、安く、残席があったのがJALでした。今回はJALに決めましたが、インターネットで予約するのに一苦労です。結局3日間くらいかけました。まず、日本のJALホームページからは日本出発の航空券しか購入できません。海外発の航空券は、違うページです。そこで、エリアは韓国、言語は日本語または英語を選択すると、フライトスケジュールを確認することはできますが、予約はできません。韓国語のページで、ようやっと予約できるようになります。それがわかるまでに結構時間がかかります。この段階で、いったん、嫌気が差します。

次に、HPから予約しようとしても、マイレージバンクの会員でないと予約できません。そこで、会員番号を入力してログインすると、ログインできません。なぜか?JALの場合、マイレージバンクはエリアごとに違います。日本のマイレージカードは日本地区以外は使えません。なので、海外からマイレージバンクに加入する必要があります。この段階で、また嫌気が差します。マイレージバンクが違うということは、マイルを積算できない?それじゃ意味ないじゃん。さらに、説明はすべて韓国ですから、理解するのに時間もかかる。

結局オンライン会員というものに入会しましたが、今度はログイン画面がわかりません。いい加減にしてほしい。何度も同じことを繰り返して、ようやく予約ができました。そして、いざ、カードで決済というときに、韓国の銀行で作った信用カードが使用できません。ほんとにいい加減にしてほしい。購入期限は迫っているのに、カード決済ができない。

困った挙句、JALのソウル支店に電話したら、予約担当ではなく、発券担当に電話してほしいとのこと。改めて、発券担当に電話し、事情を説明して、カード番号を教えたら、暗証番号なんかは必要なく、即決済。カード番号を教えただけで決済できるなら、ホームページでも決済できるようにシステムを改善してほしいですね。

さて、まずは月曜日、朝4時45分。余裕をもって家を出発し、隣の駅まで歩きます。地下鉄の始発はまだです。

孔徳駅に着いたら、空港鉄道に乗ります。始発の5時24分発。

140324tonkatsu (1)

車内は結構人がいます。孔徳駅の次には、弘大入口駅に停まるのですが、明らかに朝まで飲んでいたと思われる酒のにおいのする若者が乗り込んできます。

金浦空港に到着し国際線ターミナルに移動しましたが、JALカウンターはまだ開いていません。

140324tonkatsu (2)

JALカウンターは6時にオープン。3分もかからずに搭乗手続きは終了。しかし、出国手続きの開始時間は6時40分。

140324tonkatsu (4)

夜明けを迎えた空は、オレンジ色に輝きます。出発時間は8時です。

140324tonkatsu (3)

この便は、軽食の機内食が出ました。

140324tonkatsu (6)

羽田空港到着は10時。入国手続きは待たずにすみ、到着ロビーに出たのは10時6分。早い!

140324tonkatsu (7)

到着ロビーでは、吉野桜の出迎えです。

140324tonkatsu.jpg

そういう季節なんですね。

さて、モノレールに乗って、一路東京駅へ。盛岡までの新幹線の切符をまず購入します。何年ぶりかの東京。出発時間まで余裕がありますので、有楽町に向かいました。以前、平均すると月に1回は東京出張していたときに、たまに行ったことがある、とんかつ屋に行きます。

140324tonkatsu (12)

11時に開店したばかりの店内には既にお客さんが二人いました。12時を過ぎると、外に行列ができます。

140324tonkatsu (13)

メニューを見まして、何年ぶりかの特上ロースかつ定食を注文。

ビジュアルは抜群ですね。

140324tonkatsu (14)

ヒレカツも魅力的ですが、やはり、ロースカツの脂身が美味しい。

140324tonkatsu (15)

カツの上に、自家製ソースをかけます。どこぞのとんかつ屋のように、ゴマをするなんてことをしなくてよい。

140324tonkatsu (16)

長年の経験とはいえ、なぜこんなに分厚いとんかつなのに、しっかりと火が通っているのでしょう?揚げるときの音の違いで判断しているのでしょうか?職人技です。

140324tonkatsu (17)

これぞ日本のザ・とんかつ。

140324tonkatsu (18)

これが美味しくないわけがない。脂のほどよい甘さ、豚臭さはない、素晴らしいです。とても満足し、東京駅まで歩いて戻ります。途中、はとバス乗り場があります。

140324tonkatsu (9)

時間があれば乗ってみたいところです。

そして、きれいになった東京駅の丸の内口。

140324tonkatsu (10)

写生をしている人、写真を撮っている人、様々です。

140324tonkatsu (11)

それにしても、新しい東京駅と言い、2020年は東京の一人勝ちにならないよう、祈ります。

新幹線に乗り、盛岡へ向かいました。


by aero-K



関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
サムギョプサル、カツどん、豚汁、カツカレー、とんかつ定食・・・ですか。
2014/ 03/ 27 (木) 18: 10: 22 | URL | シドニーの匿名さん # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。