自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エレベーターが止まった
2014年 02月 23日 (日) 09:00 | 編集
次の日何もできなくなることを覚悟して、見てしまいました。フィギュアのエキシビション。みんなプレッシャーから解放されて、にこやかな表情でしたね。リプリツカヤ選手も羽生選手とダンスしているときは笑っていましたし。フィナーレの男子のジャンプ共演、女子のスピン共演は、圧巻でした。

金メダリストを前にした、パトリック・チャン選手のスピーチが良かったですね。世界のキャプテンともいうべきあの役割は、パトリック・チャン選手しかいないでしょう。フィギュアが終わると、オリンピックももう終わり。ようやく寝不足が解消されるでしょうか。

さて、話は、エキシビションからさかのぼること数時間。

晩御飯を食べた後、ごみ出しに行った時の話。

うちのアパート、アパートと言っても韓国ではアパートというが、同じ建物を日本ではマンションと呼ぶだろう、なにせ37階建てなんだから、そのアパートのエレベーターに乗り、1階に向かった。

エレベーターが止まり、そして、電気が、消えた!

さて、非常ベルを押すべきか、それにしても、この前ロッテデパートで生ヒョンビンを見たからといって、自分がエレベーターに閉じ込められるのか?、このまま閉所恐怖症になるのか?、消防士が助けに来るのか?そして、今度はハ・ジウォンに会うのか?なんてことが、一瞬にして頭の中をグルグルと回り、試しに、「開」ボタンを押したら、扉が開き、そこは1階だった。

ごみを捨て、部屋に戻るために、またエレベーターに乗らなければならない。

エレベーターは5台あるので、よもや同じエレベーターには当たらないだろう。

そんな時は、なぜか、よくない方に当たるもの。なんと、5台もあるのに、さっきと同じエレベーターの扉が開いた。

仕方がないから乗ったら、女性が一人滑り込んできた。

自分は9階、彼女は13階。万が一が起こっても、自分が一人で閉じ込められることはない。ちょっとホッとした。

さて、彼女は何歳くらいだろうか?ビールを飲んだから酒臭いだろうか?閉じ込められたら、第一声は「アンニョンハセヨ」だろうか?自分が何もしなくても彼女が適切な対応をしてくれるだろう?閉じ込められれば寒くなるのかな?なんてことが、頭の中をめぐっているうちに、9階に着いた。

扉は開き、無事に部屋に戻った。でも、彼女が無事に帰られたかどうかは知らない。

それにしても、さっきの電気が消えたのは、なんだったんだ!

きちんとメンテナンスをしているのか、心配になった瞬間でした。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。