自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウルからバスに乗って田舎へ行く
2014年 02月 06日 (木) 09:00 | 編集
2月1日、土曜日、朝7時に起き、8時前に家を出て、地下鉄を乗り継いで、2号線の江辺駅で降り、東ソウル総合バスターミナルへ向かう。

140201yoju.jpg

ターミナルの前には、屋台が並んでおり、朝からお客さんが入っている。

140201yoju (2)

ここのバスターミナルに来るのは初めてだ。

140201yoju (3)

地方に行く人たちが多いのか、窓口は混んでいる。

140201yoju (4)

あらかじめ、インターネットのサイトで予約をしていた私は、こちらの機械に向かう。

140201yoju (5)

というか、なにも分からずに、この自動販売機の前に来た。

140201yoju (6)

そう言えば、インターネットで予約したときに、カードの番号を入力した。そのカードを読み取り機でピッと読ませてみた。

そしたら、乗車券が出てきた。その間、わずかに2秒。このシステムは、優れものだ。少なくとも、青森には、こんなシステムはない、と思う。

IMG_3851.jpg

出発時間まで20分くらい時間があったので、車内で食べるパンを買う。

140201yoju (7)

2階は高速バスの乗車券売り場となっている。

140201yoju (13)

江原道の町へ向かうバスのようだ。そもそも、2階の高速バスと、1階のバスの違いは何なのか?今回は、乗り比べることができない。どっちも高速道路を走行することは間違いないはず。次回、江原道に行って、試してみよう。

さて、1階のバス乗り場は、方面により、乗り場が分かれている。

140201yoju (8)

乗車券には28番乗り場と書かれてある。

140201yoju (9)

驪州(ヨジュ)と言えば、プレミアムアウトレットがある町だが、今回行くのはそこではない。

バス乗り場にはバスがあるが、驪州(ヨジュ)行きなのかどうかがわからない。おばさんもさっきから何度も聞いている。

140201yoju (10)

それもそのはず、目的地に「利川」と紙が貼ってある。

出発直前に、運転手がその紙をはがすと、驪州(ヨジュ)行きとなった。

140201yoju (11)

ソウルからは、およそ1時間の距離。終点ではなく、そのひとつ前の停留所で降りる予定。

バスに乗って、ふと気が付いた。「ピンポーン」のブザーがない。どうやって降りるのだろうか?

一抹の心配と眠気が戦っているが、眠気の方が優勢なのか、時折ウトウトする。

辺りを見回すと、田んぼが多い。確かに、利川は米の産地である。

田舎道を走っていると、何も言わずにバスが停まった。窓の外を見ると、そこには、降りる予定の停留所の名前。

慌てて、席を立ち、バスを降りた。

のどかな田舎の風景。ソウルから1時間しか離れていないのに。

140201yoju (12)

さぁ、これからどうするんだ?


by aero-K



関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。