自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソルラルに王宮を歩く その1
2014年 02月 01日 (土) 09:00 | 編集
1月31日は旧正月です。

木、金と休みですが、日本では当然のように仕事をしています。ということは、仕事のメールがたまっていて、月曜日はそのチェックで大変なことになります。中には、韓国が休みであることを知らない方もいるので、「韓国は旧正月の連休で、メールの返信が遅くなりました」と断り書きを入れなければなりません。

自宅でも仕事のメールはチェックできるのですが、私は絶対にしません。でも、事務所のスタッフは、休みの日でも仕事のメールをチェックしちゃうんですよね。私も、外から電話かかってきて、「明日また電話してください」と言えばよいものの、「メールを送ってください」と答えてしまう。なかには、「休みの日なのに申し訳ありませんが・・・」というメールも来たりする。

携帯電話とメールにより、休みの日にも仕事に追いかけられます。一体、だれが発明したんだ。本当は休みの日の仕事は時間外手当を支給しなければならないのに、スタッフの好意に甘えてしまっている自分は、管理者として失格だ。

ということで、ここまでの文脈とはあまり関係はありませんが、旧正月のこの日は、自分に荒行を課しました。

まず、10時に忠正路付近からスタートです。

140131soru01.jpg

ここは、慶煕宮。慶煕宮は、1623年に完成した朝鮮後期の離宮です。朝鮮王朝の歴代の王で最長の52年間在位した第21代王の英祖は、治世の半分をここで過ごしたとのことです。英祖の母親は、あのトンイです。

そして正門の興化門は、もともと別の場所に建てられていたものを、1932年に日本が伊藤博文を祀った博文寺の正門として使用するために移築し、さらに、慶煕宮復元事業の一環として現在の場所に移築されたとのことです。

140131soru02.jpg

正殿です。日本によって毀損され、現在の崇政殿は復元されたものです。

140131soru03.jpg

慶煕宮の後ろにある岩で、中には厳泉と呼ばれる泉があり、昔から有名だったそうです。

慶煕宮には散歩をしている人2~3人しかいません。その隣のソウル歴史博物館では、旧正月のイベントの準備です。

140131soru04.jpg

次は、徳寿宮に向かいます。

140131soru05.jpg

途中、ハングルの石碑がありました。

また、壁画になんか見覚えのある絵が。

140131soru06.jpg

奥入瀬渓流そっくりですね。

徳寿宮の石垣に沿って歩きます。警備の警察官がいると思ったら、道路を挟んだ徳寿宮の隣は、アメリカ大使公邸でした。

140131soru07.jpg

徳寿宮です。

140131soru08.jpg

徳寿宮は、1593年に第9代王である成宗の兄である月山大君の邸宅を行宮(仮の宮)として使用したのが始まりです。文禄の役によりソウルのすべての宮殿が焼失すると、1593年から宣祖が住む臨時宮殿として使用され始め、1611年には慶運宮と名付けられたそうです。1904年には大火災で主要建物が大部分焼失し、1907年に宮号が徳寿と変更されました。

140131soru09.jpg

ソルラルは入場無料です。

140131soru10.jpg

ほどほどの人出です。

140131soru11.jpg

外国人の姿も多く見かけます。

140131soru13.jpg

韓服を着た子どもの姿も見かけました。

早々に徳寿宮を後にし、ソウル広場に出ました。

140131soru14.jpg

いろんな言語で「서울의 겨을」。

140131soru15.jpg

スケートリンクは、まだ営業開始前です。

140131soru16.jpg

1926年に建てられた東亜日報の社屋ではアニミズム展が行われていますが、今日はお休み。アニミズムと言えば、三内丸山遺跡に代表される縄文時代とも深く関係がありますので、今度見に来ないと。

140131soru17.jpg

光化門広場にはそんなに人出が多くはありません。

140131soru18.jpg

景福宮に来ました。景福宮は朝鮮王朝が成立して3年後の1395年に完成しました。1592年の文禄の役で全焼し、1867年に再建されました。日本統治時代は朝鮮総督府が置かれていましたが、1990年から本格的な復元事業が推進されています。

140131soru19.jpg

景福宮はいつもと同じように観光客がたくさんいます。

ということで、第一弾はここまで。景福宮に何があったかは、次号へ続きます。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。