自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱり、田酒と寿司の組み合わせは、美味かった
2014年 01月 29日 (水) 09:00 | 編集
先日、日本人会の集まりがあったお寿司屋さん。

140124sushi (1)

地下鉄2号線弘大入口駅から徒歩10分くらいのところにあります。もともとは、江南にあったそうですが、江南には2号店を作り、本店をこちらに移動してきたとのこと。

この辺りは、周りにライブハウスやビアホールがあって、かなり面白そうなエリア。

140124sushi.jpg

確かに人生は短い。だからと言って、ビールを飲みすぎるとさらに短くなるので、何事もほどほどが大事です。


さて、お寿司屋さん。黒を基調としたシックな店内。そこで、出されるお寿司は、最高でした。韓国と日本では、魚の種類も量も違うだけに、ネタの仕入れが大変だと思います。

140124sushi (2)

韓国人は、わさびの辛さが鼻に抜けるのが苦手だそうで、お寿司にわさびは入っていません。このトロの美味しかったこと。

140124sushi (3)

このしめサバ。サバは大好物なんですよね。

140124sushi (4)

そして、サバの塩焼き。

この日、私は青森の地酒「田酒」を差し入れ。久しぶりに飲む田酒は、やっぱり魚によく合いますね。寿司には、日本酒ですね。

140124sushi (5)

炙ったニシンとサーモン、それからマグロ。

写真を撮ったのはお寿司中心ですが、このほかにも、巻き寿司あり、茶わん蒸しあり、生野菜あり、うどんあり、デザートあり。

お寿司をたらふく食べた後で、店主が、「食事はおそばとうどんがありますが、どちらになさいますか?」。これは、韓国式ですね。そのうどんは、すき焼きと煮込んだ「すきうどん」で、これまた美味しい。

料金以上のかなりのサービスがあったとのことで、皆大満足です。

お寿司を食べた私の感想としては、今は、日本の水産物が韓国で流通するのは難しいときですが、やはりお寿司屋さんでは、ぜひ青森のホタテ貝を食べたいですね。

by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。