自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鞍山に登ったら、ソウル市内がよく見えた
2014年 01月 21日 (火) 12:00 | 編集
トレッキングなんて大それたものではないけど、日曜日は天気がよかったので、林の中を散策してきました。

まず、地下鉄5号線の西大門でおります。

そこから、北に向かって歩いて行く途中に、市場がありました。

140119ansan (2)

果物、野菜、お肉、魚、服、チヂミ、餅、豆、キムチなどが売られている庶民の市場です。

140119ansan (3)

そこを通りぬけて、交差点に向かい、

140119ansan (4)

横断歩道を渡ると、独立門があります。

140119ansan (5)

独立門は、李氏朝鮮の甲午改革(1894-1896)以降、独立協会が自主自立の決意を誓うために中国の使臣を迎えていた迎恩門を取り壊し、その跡に建てられてものです。パリの凱旋門をモデルにしたのだそうです。私は、てっきり日本からの独立だと思っていましたが、それよりも前、中国、当時は清国からの独立を象徴するものだったのですね。

門の後ろからは、Nソウルタワーが見えます。

140119ansan (6)

独立門の先には、西大門刑務所博物館があります。たくさんの韓国人が訪れています。

140119ansan (7)

今日の目的はそこではないので通り過ぎ、裏の山の方へ登っていきます。

140119ansan (8)

寂しげな道を進んでいきます。

140119ansan (9)

道路に合流しました。歩いている韓国人はたくさんいます。斜面に向かって道があります。

140119ansan (10)


こっちの方が山らしいやと思い、登ってみます。すると、突然道がなくなり、堀のようなものがいくつもあります。

140119ansan (11)

これは絶対違うなと思い、今来た道を引き返し、道路に出ます。しばらくすると、案内図がありました。

140119ansan (12)

そして、きれいに整備された散策路があります。

140119ansan (13)

とりあえず、上をめざします。展望台があるようなので、そこをめざします。

140119ansan (14)

ほどなくすると、展望台があり、ソウル市内を一望できます。アパートの向こうに見えるのは...

140119ansan (15)

こちらは、鐘路から東大門に向かう方面です。

140119ansan (16)

真ん中あたりに景福宮が見えます。

140119ansan (17)

山の方に目をやると、東屋のようなものがあるようです。行ってみましょう。

140119ansan (18)

東屋に着きました。風を避けるため、ビニールシートで覆われています。

140119ansan (19)

そして、地図で現在地を確認し、上をめざします。

140119ansan (20)

道もなんとなく、山道っぽくなってきました。

140119ansan (21)

すぐ先が頂上です。

140119ansan (22)

展望台には結構人がいます。

140119ansan (23)

そこに上るには、この道を進みます。岩盤に薄く土がかかっているので、よく滑ります。

140119ansan (24)

頂上の一歩手前にも展望台があり、そこからは漢江方面がよく見えます。汝矣島の国会議事堂が見えます。

140119ansan (25)

漢江の手前は麻浦地区、そして、多分あれが、私の住んでいるアパートでしょう。

140119ansan (26)

なお、頂上に向うには、岩盤の山道もありますが、並行して木の階段も整備されていますので、楽に行くこともできます。

ということで、山頂です。

140119ansan (27)

この続きは明日。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。