自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地下鉄1号線「祭基洞」駅近所、日本の家庭の味「AKITA」
2014年 01月 10日 (金) 08:05 | 編集
地下鉄1号線、日中には、おじいちゃん、おばあちゃんが多く乗っている。ソウル駅で乗り、北に向かい、「清涼里(청량리)」駅の一つ前、「祭基洞(제기동)」駅で降ります。4番出口を出て、ロッテキャッスルアパートの1階にあったのがここ。

140109akita1.jpg

手作りとんかつが午後3時までは4,000ウォン。

140109akita2.jpg

日本のラーメンや、そばもある。その名は「AKITA」。

140109akita4.jpg

秋田杉ではないのでしょうけど、木のぬくもりの感じられる店内には、日本から持ってきたと思われる装飾品。この奥に厨房があります。

140109akita3.jpg

手作り感がうかがわれる店内です。

店名の「AKITA」の由来は、ご主人が秋田県出身だから。2010年3月で定年退職し、その年の4月にソウルへ来たそうです。前の仕事は、秋田県の農業試験場の場長さん。野菜作りのプロフェッショナルだそうです。

ソウルに来た理由は、奥様がソウル出身だから。なんと、ダイナミックな人生でしょう。食堂を始めた理由は、奥様が調理師免許を持っていて、ご自身も趣味で料理をしていたからだそうです。

この辺りは、日本人がほとんどいないため、日本に旅行経験のある韓国人や日本語を勉強している韓国人が多く来るそうです。お店に来る人に、秋田のことを紹介したり、いろいろ交流しているそうです。

140109akita5.jpg

店内のメニューに手書きが多いのは、飲食店でも、メニューに原産地を書かなければダメになったから。

140109akita06.jpg

メニューは日本語併記です。全般的に安い。

140109akita07.jpg

なんと、秋田名物きりたんぽも食べることができます。

それらの中で、何を食べたのか。とんかつ定食です。とんかつ定食ができあがる前に、サービスで乳酸菌飲料。うれしいサービスです。

140109akita9.jpg

そして、とんかつ定食。

140109akita10.jpg

大きめのとんかつと、ご飯と、サラダ。

140109akita11.jpg

とんかつの厚さが日本とは違う点です。

140109akita12.jpg

韓国人の奥様が作っているのですが、出てきた料理は、日本の家庭料理の味です。単身赴任の駐在員には、こういう味が求められます。

そして、ラーメンも食べました。

140109akita13.jpg

麺は日本製。スープは、油がギトギトしていなくて、とても食べやすい。ソウルのラーメン屋は、豚骨系で、油ギトギトが多いので、たまに食べると美味しいのですが、毎日は到底食べられない。それに比べれば、このラーメンはあっさりしているので、毎日でも食べられそう。

ご主人は、また今度いらしてください、とのことでしたが、今度はぜひきりたんぽ鍋を食べようと思います。

IMG_3623.jpg
IMG_3619.jpg


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。