自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウル歴史巡検 昼食は焼き魚三昧
2013年 10月 30日 (水) 16:00 | 編集
昼食は、タッカンマリか焼き魚をということで、東大門手前のタッカンマリ通りへ。

昼からタッカンマリはどうかなと思っていると、同じことを思っている方もいて、焼き魚としました。

前に来たことがある「ホナムチプ」はお休みで、その隣のオジサンがとても良い笑顔でした。
131020fish1

店頭で、焼いている魚のにおいが食欲をそそります。
131020fish2.jpg

焼き魚は5種類。上の列の左から、サンマ、イシモチ、サワラ、サバ。下の列の左から、サワラ、ホッケとなります。

アップにすると、その美味しそうな感じがより伝わると思います。まず、サンマ。
131020fish5.jpg

次にイシモチ。
131020fish4.jpg

次はサバ。
131020fish3.jpg

そしてサワラ。
131020fish7.jpg

最後はホッケ。
131020fish6.jpg

オジサンに案内されるままに、向かいのお店に。あれ、オジサンのお店は向こうじゃないの?大丈夫なんです。オジサンのお店の向かいのお店、焼き魚のメニューもあるんです。その魚は、オジサンが焼いているんです。
131020fisf8.jpg
メニューの上から、サバ、サワラ、イシモチ、サンマ、ホッケ。

ポイントは、魚の原産地。日本産の水産物にはデリケートになっていますから。
131020fish9.jpg

まず、サバはノルウェー産、サワラは国内産、サンマは台湾産、イシモチはインドネシア産、ホッケはロシア産となります。国際色豊かですね。サンマは日本近海で獲っているのでしょうけど、水揚げされるのが台湾だと台湾産になります。

そして、私たちは、全種類頼みました。左から、ホッケ、イシモチ、サワラ。
131020fish10.jpg

そしてサンマが2本、下はサバ。
131020fish11.jpg

ソウルでは、肉系の食事が多く、みなさん魚には飢えていたため、ガッツリ、骨だけ残して、きれいに平らげました。サバやサンマのように脂がのっている魚、イシモチのように身に旨みのある魚、味はそれぞれですが、練炭で焼いた香ばしさもあり、美味しくいただきました。

これにビールを2本飲んで、44,000ウォン。4人だったので、一人11,000ウォン。1,000円ちょっとで5種類も焼き魚を食べることができ、みな満足です。

午後からは、清渓川沿いにちょっと歩き、これまた、今シニア層にホットな、トッケビ市場の見学です。


by aero-K



関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
匂いが届きそう
おいしそうですね。
この価格は魚のみの値段ですか?
ご飯の提供もあるのでしょうか。
行きたいですね。
2013/ 10/ 30 (水) 16: 13: 04 | URL | きぃうぃ # fYTKg7yE[ 編集 ]
魚にばかり目が行っちゃって
すいません。不十分な情報で。
魚のほかに、キムチ、ナムルなど4皿だったと思います。当然、それらはおかわりできます。
それから、ご飯があります。みそ汁もありました。
機会があれば、お試しください。
2013/ 10/ 30 (水) 17: 59: 09 | URL | ソウルの達人への道 # -[ 編集 ]
ありがとうございました。
いえいえ、もしかしたら「居酒屋」使いの店かもしれないと思ったからで、ご飯さえ出してもらえるなら、もう絶対行きますよ(笑
2013/ 10/ 30 (水) 19: 26: 07 | URL | きぃうぃ # fYTKg7yE[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。