自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウルで札幌の味?本場仕込みのジンギスカン
2013年 10月 17日 (木) 12:00 | 編集
ここは、地下鉄2号線、合井(ハプチョン)駅から、ちょっと路地に入った、閑静な住宅?街。おしゃれなカフェや居酒屋がポツリポツリとあり、人出もそんなに多くない。ちょっと、東京の青山辺りの雰囲気に似た、落ち着いた街です。

そこにあるのが、ジンギスカンの「一流」。
131016-1.jpg

入り口で順番待ちをしている人、店内をのぞいてあきらめて帰る人も結構います。
131016-2.jpg

店内はカウンター席だけです。
131016-11.jpg

北海道の観光ポスターが貼られ、モニターには北海道の観光DVDが流れます。まるで、北海道の観光プロモーション事務所のようです。ありがたいことです。お客さんの中には、このお店にきて、北海道に関心を持ち旅行に行ったり、逆に、北海道に旅行に行き、現地で食べたジンギスカンをまた食べたくて訪問する方もいるそうです。

七輪の上に、ジンギスカン鍋が置かれます。そして、鍋の上にはラード。
131016-4.jpg

次に、鍋の周りに、玉ねぎとネギを置きます。
131016-5.jpg

そして、生の羊肉。
131016-6.jpg

焼き肉のたれには、お好みにより、かつお節と唐辛子を加えます。
131016-7.jpg

お肉は店員さんが焼いてくれます。
131016-8.jpg

焼き上がったお肉は、柔らかく、臭みがない。周りの玉ねぎとネギも、脂の旨みを吸い取っています。とても美味しいです。
131016-9.jpg

子どもの頃、岩手県の久慈市に住んでいたころは、家で焼肉といえばジンギスカン。しかも、丸くスライスされた冷凍肉。マトンの方がラムよりも安いが、臭みがあるし、肉が固い。そんな記憶しかない私には、このジンギスカンは全く別の食べ物です。

40代のご主人は、以前、ソウルで運転代行業をしていましたが、同業他社が増えてきての廉価販売で、きっぱり運転代行業をやめ、飲食店を開こうと、日本に出かけ、そこで巡り合ったのが、札幌にあるジンギスカンの名店「だるま」だそうです。そして、その味をソウル市民にも紹介すべくお店をオープン。羊の生肉を入手するのが一番難しく、一日にたくさんは出せないため、今の客数がちょうどよいそうです。カウンター席は全部埋まり、順番待ちの客が1、2組外にいます。

店内には、五木ひろしと八代亜紀の演歌がかかり、日本情緒を醸し出しています。

次のお肉は、羊の骨付き肉。だいたいのお肉は店員さんが切り分けてくれます。最後に、骨をしゃぶって、周りについたお肉をそぎ落とします。
131016-10.jpg

閉めのご飯を一杯食べましたが、このご飯がまた、とても美味しい。多分、お米が違うのでしょう。

ソウルの中心部よりちょっと離れているので、知っている人でなければ来ない。それでも、常連さんが付き、地元に定着している札幌の味。札幌で食べるより、ちょっと高めですが、また行きたくなるお味でした。


住所:서울시 마포구 서교동 395-124
電話:02-3144-1312


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。