自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もカロリーオーバー?油ギトギト、チャジャンミョン
2013年 10月 16日 (水) 12:00 | 編集
明洞のソウル中央郵便局の横の通りには、中華料理店が何軒か連なっています。向かったのは、赤と緑の看板のお店。
131015-1.jpg
131015-2.jpg

ウィンドーには、美味しそうな中華料理が並んでいます。
131015-3.jpg

でも、今回の目当ては既に決まっていて、これ。
131015-4.jpg

あまり広くない店内、お昼時はすぐに満員になります。
131015-5.jpg

注文したのは、メニューの左の上から3番目。カン チャジャンミョン5,000ウォン。カン チャジャンミョンは、具と麺が、別々に出されます。
131015-6.jpg

こちらが、麺。太めで、結構硬さがある麺です。ちなみに、これは大盛。普通盛の量がわかりませんので、比較できませんね。
131015-08.jpg

そして、こちらは3人分の具。豚肉と玉ねぎをチュンジャン(春醤)で炒めたものです。器の周りに油が浮いているのがわかるでしょうか。
131015-10.jpg

この具を麺にかけます。
131015-12.jpg

そして、かき混ぜます。韓国は、ビビンバをはじめとして、かき混ぜる文化。ちなみに、これはまだムラがあるので、かき混ぜ方が足りません。
131015-13.jpg

問題のお味はというと、仁川で食べたときより美味しいのです。仁川は、チャジャンミョンの発祥の地。すごく期待して食べた割には、味にパンチがなく、がっかりしました。でも、ここは、塩加減もよく、甘さもあり、具が麺にからむと、しっかり味があります。口直しの、たくわんと生タマネギもあります。

でも、麺が大盛ですから、脂っこいものを食べていると、だんだん飽きてきます。そんな時は、テーブルの上にある、唐辛子と酢を使って、ちょっと味を変え、また美味しく食べることができます。


チャジャンミョンは、韓国では国民食とも言われますが、カロリー補給のために、ガッツリ食べたい時に、最適ですね。

131015-14.jpg
131015-15.jpg


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。