自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の機内食と、機内から見えた白神山地
2013年 10月 14日 (月) 10:00 | 編集
飛行機に乗る楽しみの一つが機内食。今回、青森・仁川間でいただいた機内食はこれです。

まず、行きの10月10日(木)、大韓航空767便の機内食はコチラ。
131010 (4)

サンドウィッチとサラダ。190人乗り位のちょっと大きめの飛行機だと、温かい料理を詰めないため、サンドウィッチになります。このサンドウィッチがどうだというわけではありませんが、ちょっとがっかり。

次に、帰りの10月12日(土)、大韓航空768便の機内食はコチラ。ちなみに飛行機はちょっと小さめで140人位のタイプ。
131010 (3)

メインは、鳥肉を朝鮮人参とナツメで煮込んでいます。全然辛くはありません。飲み物はビールをいただきました。

10月は、大きめの飛行機と、小さめの飛行機がどっちも飛んでいますので、機内食にも当たり外れがあります。

さて、10月10日は、天気がよかったので、機内から地上がよく見えました。

青森空港到着30分前くらいは、秋田の上空にいます。下に見えるのは男鹿半島です。
131010 (5)

そこを通り過ぎると、八郎潟の干拓地が見えてきます。田んぼがきれいに整備されています。
131010 (6)

そして見えてくるのが、秋田県と青森県にまたがる白神山地。まだ紅葉は全くしていません。
131010.jpg

ここを通り過ぎてしばらく経つと、着陸態勢に入り、電子機器の使用はできなくなります。

帰りの10月12日には、日本海を飛ぶ飛行機が韓半島上空に侵入するところをパチリ。これは、どのへんなんでしょうかね。
131010 (2)

帰国の時は、前の晩遅くまで荷物の準備をしていますので、飛行機の中ではぐっすり眠ろうと思うのですが、いつも、窓の外の景色を見たり、機内エンターテイメントを見たり、新聞を見たりして、結局寝ることができないのです。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。