自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
延世大学韓国語学堂 夜間コース レベル2のその後
2013年 10月 03日 (木) 09:00 | 編集
9月26日から、延世大学韓国語学堂の秋学期が始まりました。私は、晴れてレベル2へ進級。といっても、昼のコースでいえば、まだレベル1の半分を終わっただけ。まだまだ道のりは遠いのです。

今回のクラスメートは、
IMG_1079.jpg
名簿は12人ですが、2人増えましたね。

今回は、アメリカ人、ウズベキスタン人、インド人、モンゴル人、フランス人、中国人、タイ人、カナダ人、アメリカ生まれでアメリカ育ちの韓国人が一緒です。日本人は、私一人。大学院生や、語学大学の先生や、まぁ、いろんな人がいます。私が一番年寄りでしょうね。

レベル1で同じクラスだったのは、カレンさんと、エカテリーナさん。

皆さん、優秀で、授業について行くのがやっと、という感じです。

12月2、3日の2日間が、進級テストになります。
IMG_1081.jpg

テストでは4科目で平均60点を取らなければ進級できませんし、そのほか、出席時間が90時間×8割=72時間以上なければ、進級できません。

ですが、今の時点で、出張で、10月だけで4日×3時間=12時間は欠席することが確定していますので、出席条件はほぼギリギリの状況。欠席する分は、自分で勉強するしかないし、大変です。

教科書をいれれば9万円近いお金をどぶに捨てるわけにはいきませんので、しっかり勉強しますが、先日も、学校が終わって帰ってきたのが夜10時、それからうどんを煮て食べて(他の人たちは授業の前に夕食を食べていますが、仕事が終わってすぐに学校に行く私はご飯を食べる時間がないのです)、復習して、ノートに書いて、宿題をやって、でも宿題は半分しか終わらなくて、単語を覚える時間はなくて、それでも、気がついたら、夜中の1時半。学生時代でも、こんなに勉強していただろうか?

まぁ、自分が好きでやっているので、やるしかないのです。


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。