自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウル駅のフードコート サバ煮定食の辛さに悶絶
2013年 09月 30日 (月) 09:00 | 編集
ソウル駅のフードコート、今回は、サバ煮定食を注文です。焼き魚定食もいいけど、今回はサバの煮込み。

できあがるまで、時間はかかりましたね。私は、てっきり、大きな鍋で煮込んでいるサバがあって、それを器に取り分けるだけなので、すぐ出てくると思ったのですが、きちんと、石鍋で煮ています。しかも、スンドゥブチゲやキムチチゲの器より、一回り大きな気がします。その大きな鍋で、グツグツ煮立った状態で運ばれてきました。
20130928saba (2)

具だくさんです。鍋のまわりにへばりついた、赤唐辛子の粉。とっても辛そうです。
20130928saba (3)

中からサバをほじくりだします。ゴロッとしたサバが4切れは入っていたでしょうか。脂がたっぷりのっています。
20130928saba (1)

こちらの画像では、青いやつ、そう、青唐辛子のかけらが、ゴロゴロ入っているのがお分かりでしょう。
20130928saba (4)

野菜と青唐辛子を口に入れ、噛んだところで、のどの奥に、赤なのか、青なのか、唐辛子のかけらがくっついて、むせます。辛さが、鼻の方に抜けていきます。

平常心を保てたのは、ココまで。ここから先は、サバを食べつつ、辛みが、口から鼻、鼻から目へと、咳き込むし、鼻水は出るし、不幸中の幸いか、舌先はまだやられていません。

そのうち、顔中から汗が噴き出して、ぽたぽたご飯に落ち始めるし、汗を拭いても、拭いても、出てきます。

一口で言うと、とっても辛いのです。辛さには慣れたはずなんですが、赤と青の唐辛子が、ダブルで攻めてくるのです。あ~、つらい。途中で戦意を喪失しそうになりましたが、何とか踏みとどまり、完食。汗だくです。

サバは脂がのって美味しいのすが、辛すぎ。確かに、サバの生臭さを消すためと言っても、辛すぎ。

写真を撮る余裕がありませんでした。まだまだ、修行が足りませんね。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。