自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全州韓屋村に宿泊
2013年 09月 28日 (土) 09:00 | 編集
今回の宿泊は公州市が新しく作った韓屋村にお泊りです。
130912hanoku (11)
130912hanoku (3)

団体宿泊棟は6棟37室あります。1室当たり、大人は6~8人が宿泊します。個別宿泊棟は10棟20室あります。この個別宿泊棟は、2名用から、13~15名用と幅広いタイプがあります。2010年にオープンしましたが、今はとても人気で、予約率は平日が60%、週末は100%だそうです。
130912hanoku (2)

個別宿泊棟は、このように門があり、中に入ると、部屋が分かれています。
130912hanoku (4)
130912hanoku (10)

私が泊まったのは建物は3部屋あり、そこに3人が泊まりました。
130912hanoku (1)
中にはクーラーがついています。下は、オンドルです。

メインの建物のまわりには、1人用の部屋が4つありました。私たちの部屋には、ヒノキ風呂、トイレがついていますが、その他の部屋は共用のシャワールーム、トイレです。

こっちは団体用の建物です。学校の生徒がよく使っているようです。
130912hanoku (5)

建物の後ろはオンドルになります。
130912hanoku (6)

明け方は火が入っていました。
130912hanoku (14)

1軒1軒、火をつけて歩くのは大変です。
130912hanoku (13)

敷地内には食堂もあります。朝食はここで食べました。
130912hanoku (7)

前夜、この食堂では、私たちと地元の方々との交流会が行われましたが、その後片付けをしている最中、8時からは小学生が100人ここで食事をとるということで、朝7時20分、ぎりぎりセーフで朝食を出してもらえました。
130912hanoku (8)

食べたのは、クッパです。クッパは公州名物です。
130912hanoku (9)

朝からクッパは、ちょっと重いかもしれませんが、きれいに平らげました。
130912hanoku (12)

この韓屋村は公州市が経営しています。この辺りは、宿泊施設がなく、観光客を滞在させることが課題だったことから、自ら宿泊施設を経営し、好評のため、現在増設中です。

ここの建物の土台、柱、梁には、宮崎県産の杉の集成材が使われています。宮崎県は、戦前から、韓国に杉を輸出していたそうです。

集成材を使うことにより、強度が均一となり、また、日本では製材工場でのプレカットの技術が進んでいるので、コンピューター制御により切った杉を、現場では組み立てるだけで済むそうです。韓国ではまだプレカットの技術がないので、現場で木材をカットしなければならず、コストも高くなるんだそうです。

この韓屋村、十分快適、かつ、韓国ならではの体験もでき、大人も子どもも、観光旅行でも、国際交流事業でも十分使えると思いました。ベッドに寝るより、オンドル部屋で床に寝る方が、わたしは好きです。


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
いつか泊まってみたいところ
いいですねぇ。
いつか実現したいのは、韓屋・ゲストハウスでの宿泊とテンプルステイです。もちろんオンドル部屋も(*゚▽゚*)
まだまだ行きたい所ややりたいことがいっぱいの韓国です♥
2013/ 09/ 28 (土) 18: 20: 32 | URL | たんぽぽ # -[ 編集 ]
テンプルステイ、やってみたいですね。
韓屋にも安いところから、高いところまで、いろいろあります。私は、安東の韓屋に泊まってみたいですね。それから、テンプルステイ、やってみたいですね。
2013/ 09/ 29 (日) 00: 22: 14 | URL | aero-K # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。