自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
辛いぞ、ナクチポックン
2013年 08月 29日 (木) 09:00 | 編集
辛いものは常習性があるのか、辛いのはわかっていても、食べたくなる時があります。

前にも紹介しましたが、武橋洞の「元祖木浦セバルナクチ」。武橋洞は、明洞のロッテホテルの北側、道を挟んだ向かいです。清渓川までのエリアには、うまいもの屋が密集しています。しかも、明洞に比べれば、安いし、庶民的。

さて、「元祖木浦セバルナクチ」。建物の2階です。
20130724tako (2)

木浦はナクチの本場。数年前、K氏と一緒に、木浦にナクチを食べに行きました。店名に「元祖」と付けるあたり、ナクチを出す店がたくさんあるんでしょう。
20130724tako (10)

看板の上に「ソウル特別市」と書いてあります。そういえば、数年前、ソウル市庁の人と一緒に、この店に来たんだった。
20130724tako.jpg

水槽には生きたタコが。
20130724tako (6)

やっぱり、タコいためですね。
20130724tako (3)

大きめの器に野菜が入っています。
20130724tako (4)

そこにご飯を入れます。
20130724tako (7)

そしてかき混ぜます。
20130724tako (8)

キムチの類が出てきます。
20130724tako (11)

そして、ナクチポックンが出てきます。これで3人分です。辛みソースが多くて、タコの量がわかりにくいですが、いっぱい入っています。
20130724tako (5)

ナクチをご飯の上に乗せます。
20130724tako (1)

かき混ぜます。ビビンバになります。
20130724tako (9)

そして食べます。辛っ!なかなか続けて食べれません。でも、一口一口進んでいきます。タコが柔らかい。やっぱり辛い。水キムチを食べて、舌を休め、再度、ナクチにアタック。

美味しいですね。だけど、辛いですね。それが、病み付きになりますね。ナクチポックンは、辛いのが苦手な人は連れて行けません。子どももダメでしょう。ですが、辛い物が好きな人、タコが好きな人には、たまりません。

隣のテーブルでは、生きたナクチを鍋に入れる、ヨンポタンを食べています。次に来るときは、それだ。


by aero-K




関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。