自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明洞で、辛ーい、辛ーい、チャンポン
2013年 08月 21日 (水) 09:30 | 編集
明洞の中央郵便局の近くにそのお店はありました。お昼時はお客さんが並んでいます・
20130809 men (2)

刀削麺の専門店。
20130809 men (8)

味付けにはいろんなタイプがあるようです。
20130809 men (4)
20130809 men (3)

厨房の外では餃子を蒸しています。
20130809 men (9)

やっぱり、辛い麺でということで、「サチョン チャンポン トサッミョン」を注文。
20130809 men (12)

できあがるまでは、麦飯を食べて待っています。
20130809 men (13)

きました。チャンポン。ビジュアル的には、これが一番です。ムール貝がゴロゴロ入っていて、赤と黒のコントラストがきいている。
20130809 men (5)

具材は、ピーマン、タマネギ、コーン、豚肉、イカ、エビ、ムール貝とたっぷり。
20130809 men (10)

食べるにつれて、どんどん辛くなってくる。
20130809 men (6)

唐辛子の辛さは一瞬。でも、このチャンポンの辛さは後を引く辛さ。あとからどんどん辛くなってくる。唐辛子だけではなく、山椒の辛さもあると思います。スープが通った食道、胃が熱く、重くなります。

このお店は、麺に特色があります。刀削麺、もっちもっちした麺です。
20130809 men (14)

怖くてスープは飲めません。むせると大惨事になってしまう。

だから、、麺をすすることもなく、静かに食べます。
20130809 men (1)

残ったスープはこの色。
20130809 men (11)

辛さは病み付きになり、わかっていても食べてしまいます。でも、ここのチャンポンは、食べ終わった後、半日はまだ辛さが胃に残っているような感じがしました。でも、不思議とまた行きたくなります。

20130809 men (7)


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。