自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新村のプルコギ、韓牛で300グラム15,000ウォン!
2013年 08月 09日 (金) 09:00 | 編集
ワールドカップ競技場を後にして、地下鉄6号線で広興倉駅下車、徒歩5分で、K氏があらかじめ調べたプルコギ屋さんに。午後9時半過ぎ、店頭には、椅子に座って待っている?人が多数。このお店は、いろんなブログにも出ている有名店「イェンマッ ソウルプルコギ」。髭のおやじの有名店です。

お店に入って、レジに行って、3人だと言うと、なんだか言い返してくる。こっちは3人韓国語がわからないもんだから、レジに立っていると、厨房から髭のおやじが出てきて「フィニッシュ」。なんだ、そういうことか。

地理感覚がなかったので、タクシーで新村の現代デパート前に向かいます。基本料金で到着。運ちゃんには悪いことしたな。

「もう、頭がプルコギになっているよね。」と、プルコギ屋を探します。

「これは、鶏だしな~。」私が先頭となり、新村の路地を探検。そこは、鼻の効く私。なんか見つけました。
20130803bulkogi (16)

「プルコギ、プルコギ」
20130803bulkogi (11)

「韓牛で、300グラム、15,000ウォンですよ。」「さっきのところと同じじゃない、入ろう、入ろう。」
20130803IMG_0537.jpg

早速お店に入りました。名前は、「イェンマッ ソウルプルコギ 新村店」とあります。さっきのお店の支店なんでしょうか。
20130803bulkogi (13)

入り口にも韓牛の表示が。和牛は黒毛ですが、韓牛は赤牛なんですね。
20130803bulkogi (14)

メニューを見て、「プルコギ3人分!」
20130803bulkogi (7)

ほどなく、炭火と鍋が運ばれてきます。
20130803bulkogi (8)

そして、プルコギ3人分。
20130803bulkogi (2)

まず、キノコと野菜を鍋の周りに置きます。
20130803bulkogi (3)

そして、真中に肉を置きます。肉の上にネギを載せます。
20130803IMG_0529.jpg

出来上がりです。
20130803bulkogi (10)

美味しいです。脂身の少ない韓牛ですから、いくらでも食べられます。プルコギは、甘い味付けが多いですが、ここは、甘さも控えめ。ちょうど良いです。ご飯を一緒に食べたくなる美味しさです。

最初に行った繁盛店、繁盛店かもしれませんが、店員の対応はイマイチでした。こっちは、超満員ではないにしろ、そこそこお客さんが入っています。

この味で韓牛が300グラム、15,000ウォン、ホームランです。

肉を食べ終わった後には麺というか、太い春雨のようなものを入れます。
20130803bulkogi.jpg

これが、肉のうまみを吸って、美味しくなります。

みんな大満足でした。


お店の位置、口では説明しにくいので、ここです。ちなみに、日本語のメニューはないようです。
20130803bulkogi (15)


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。