自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに見つけた、ソウルの개
2013年 08月 11日 (日) 09:00 | 編集
先週の日曜日、東大門から、地下鉄2号線沿いに歩いて、往十里駅のいつものチムジルバンに行く途中、新堂駅のところに在来市場がありました。後で調べたら、中央市場となっています。

そこには、露店で、骨董品屋ガラクタのようなものが売られており、面白くて、路地に入って見ていましたら、町工場みたいな店が集まっているエリアがあり、日曜日なので、お店は休み。
20130804dog (5)

ガランとしている通りを抜け、視界が開けると、なんか異様な感じ。私と目があった、店の店主は、戸を閉めます。

何だろうこの感じはと思って、振り返ったら、これ。韓国語で「개」。そうです犬です。
20130804dog (3)

なんでここに犬が、と思って、もう一度見たら、「개고기」。ピーンときました。犬肉の店だ。
20130804dog (1)

人通りの少ない通りでしたが、周囲を見渡すと、この店の隣と向かいの計3軒。店頭には檻があり犬が寝そべっています。
20130804dog (4)

食用の犬はもっと小さいものと思っていたら、結構大きい。自分の運命を知っているのか、腹を減っているのか、吠えることもありません。
20130804dog (7)

知人に聞くと、子どものころは家でも結構犬肉を食べていたとのこと。食は文化ですので、犬を食べるから、鯨を食べるから、牛を食べるからどうだとは言いません。

でも、いざ、犬鍋を食べれるか、といったら、自信はありません。特に、檻の中の犬と目が合ってしまうと。

このエリアを後にして、道を進んで行ったら、食堂の前で唐辛子を干しています
20130804dog (6)

振り返ってみると、そこにも犬料理の看板が。
20130804dog (2)

大都会のソウルでも、まだまだ昔からの習慣が残っているエリアがあるんだと実感しました。


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
確かに…(^^;)
食は文化…日本で好んで食される鯨肉もそうですが、自分たちが食べないものを食べる食文化を偏見の目で見るのは間違っていると思います。(同意・不同意は別ですが)
でもやっぱりワンくんの写真を見ると私も自信がありません。(牛くんやお馬さんは食べているのに矛盾!?)
いや~~考えるのはやめにして美味しいいものは美味しく頂いちゃいましょうっ!!安易な結論ですみませんm(__)m
2013/ 08/ 12 (月) 16: 34: 51 | URL | たんぽぽ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。