自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仁川のチャイナタウンで諸葛亮孔明に会う
2013年 08月 07日 (水) 09:00 | 編集
さて、仁川踏査も終盤です。

中山(華僑)学校裏の壁に壁画があったんです。
20130727 105

ここには三国志の壁画が描かれています。三国志好きにはたまりません。
20130727 117

三国志の有名な場面が描かれています。まず、桃園の誓いから。
20130727 136

長坂橋の戦いは、張飛が魏の大軍を蹴散らした戦いだったかな。
20130727 109

有名な赤壁の戦い。
20130727 110

五丈原の戦いは、三国の晩年、孔明最後の戦いだったかな。
20130727 113

フォトコーナーがあったので、のぞいてみました。
20130727 114

中国ドラマの最高傑作(と私は思っている)三国志の出演者が出迎えてくれます。三国志、全90数話。昨年、BSフジで月-金に放送していて、全話見ました。

右に諸葛亮孔明、左は関羽雲長。
20130727 115

こっちは、呂布と貂蝉
20130727 116

次に、個人が開設している博物館に行きました。ここには、骨董品がたくさん収蔵されています。
20130727 125

共和春の再現コーナーもあります。
20130727 128

マッチ箱の収集は韓国一なんだそうです。
20130727 124

このイギリス製のアンティーク家具はマンション1戸分したそうで、イギリス大使館からも譲ってもらえないかと話があるんだそうです。
20130727 131

この階段は、当時の日本租界と清租界の境界です。右が日本租界、左が清租界。
20130727 049

登っていくと孔子像があり、高台の自由公園につながっています。
20130727 118

後ろを振り返ると、仁川港が見えます。
20130727 120

自由公園は、当時は、各国共同租界の中にあったそうです。
20130727 140

マッカーサー将軍が仁川市内を見下ろしています。
20130727 139

自由公園を下り、日本租界に戻ると、ここにも、当時の長屋風の住宅がありました。内部も、玄関から廊下があり、各部屋があるという日本風の作りになっているそうです。
20130727 150

今回の仁川の踏査、駆け足でしたが、非常に狭い範囲の中で、充実した内容だったと思います。今回見ることができなかったスポットも多くあるので、また今度、次は電車に乗って来たいと思います。


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。