自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仁川のチャイナタウンでジャジャンミョンとヤンコチ
2013年 08月 06日 (火) 09:00 | 編集
冨井先生一行の後をついて、やってきたのがこのお店。
20130727 079

ジャジャンミョンは、なんと4,000ウォンです。
20130727 080

私たちは、2人×3組+私の7人だったので、やっぱりジャジャンミョンでしょうということで、海産物が入っているサムソンジャジャンミョン4人分、チャーハン3人分、酢豚、青島ビールを注文。

ジャジャンミョンは、麺とジャジャンが別の器に入っていきます。
20130727jajam (2)
20130727jajam (3)

これを一緒にしてかき混ぜると、できあがり。
20130727jajam (1)

本場のジャジャンミョンに対する期待が大きかったのか、なんか、あまり味がしないんですよね。韓国には珍しく、辛くもなく、甘くもなく、どっちなんでしょう。それでも、チャーハン、酢豚は美味しく、また量も多かったため、残ってしまいました。私はまだ食べれたんですけど、1人だけ黙々と食べるのもねぇ。

食後は、集合時間までチャイナタウンを散策です。
20130727 084

お昼時なので、ところどころに行列ができています。
20130727 081

店頭には、中国の民芸品が並んでいます。
20130727 091

それからお酒。
20130727 092

あと、パンと月餅も多いです。
20130727 082
20130727 083

こっちでも人が集まっています。
20130727 096

マンドゥと書いてあります。
20130727 097

奥では、店員さんが、パンを作っています。
20130727 098

そんな中で、お目当てはヤンコチ、羊肉の串焼きです。
20130727 101

炭火で焼くのです。
20130727 102

お肉は一口サイズです。
20130727 103

これに香辛料を付けて食べます。
20130727 100

美味しそうだったので、写真を撮るのを忘れて食べてしまいました。お肉は小さいですが、噛むと肉汁があふれてきて美味しいです。1本1,000ウォンですので、いくらでも食べられそうです。

仁川には、ジャジャンミョンのほか、サワラの塩焼きなど気になっているものがいくつかありますので、それは次回にしたいと思います。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。