自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウルの丸亀製麺で讃岐うどんを食す
2013年 06月 25日 (火) 09:00 | 編集
日曜日は、午後から新村をブラブラ。今週から通う延世大学語学堂の場所調べです。

そして、新村の駅前をブラブラ。この辺りには、延世大学、梨花女子大学、西江大学があり、若者の街。あと20年早く来たかった。

地下鉄2号線「新村」駅の1番出口を出て、現代百貨店の横に丸亀製麺がありました。
shinchon 039

店頭には、モニターTVがあり、注文方法を解説しています。
shinchon 041

ディスプレイにはメニューが。やっぱり、韓国人にはこれがないと分からないと思います。
shinchon 036

メニューは日本と同じですが、新メニューのとんこつうどんと、辛みそとんこつは日本にもあるのかな?
shinchon 038

入口と出口は別々なんですね。
shinchon 037

店に入ると、まず、「いらっしゃいませ」。日本式を徹底しています。入口でうどんを注文。日本との違いは、ここで、うどんのつゆをかけてくれます。そして、天ぷらコーナー。かき揚げ、エビ天など、一通りあります。いなりずしも、おにぎりもあります。

次に会計を済ませ、ネギと天かすは自由に入れることができます。遠慮して、店内の写真は撮りませんでした。

さぁ、食べましょう。注文したのは、かけうどんの大、4,800ウォンと、野菜かき揚げ天1,500ウォンです。
shinchon 025

天ぷらはサクサクです。
shinchon 028

腰のあるうどんは久しぶりです。味も日本と変わりません。
shinchon 031

丸亀製麺は、すべて、店舗でうどんを作っているそうです。海外だと、小麦の種類や、水、塩も日本とは違うので、日本と同じ味にするために、微妙に材料の分量を変え、何度も試作し、大変だそうです。以前、NHKのBSで中国に新たにお店を出す丸亀製麺のドキュメンタリーをやっていました。

かき揚げをうどんに乗せ、一気に食べます。
shinchon 034

日本よりはちょっと高めのお値段ですが、それでも、日本と同じ味を楽しむことができるのは貴重です。

事務所のある明洞にもできて欲しいと思いました。


丸亀製麺新村店:서울특별시 서대문구 신촌로 87-41 1층
TEL:02-3144-3967
お店のHPはこちらから

By aero-K



関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。