自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第26回韓国国際観光展で~日本もブースは見てくれより中身で勝負
2013年 06月 05日 (水) 09:00 | 編集
今回は、ジャパンパビリオンの紹介です。

日本チームの今回のテーマは夏祭り。各地の夏祭りを紹介する旗艦ブースがドカンとあります。
kotfa 025
kotfa 028
各地方の夏祭りを紹介するため、画像をパネルにして貼っているのですが、その上に、モニターや看板があるので、せっかくの写真が見えない。もったいなかったですね。

JR東日本は、自慢の新幹線の3D映像です。東北新幹線「はやぶさ」がテレビから飛び出してきます。
kotfa 029

栃木県は日光東照宮の前で忍者と記念撮影。
kotfa 030

静岡県は、静岡茶のカラーで統一。さわやかですね。
kotfa 031

神戸、大阪は非常にシンプル。
kotfa 032
kotfa 033

やっぱり、関西はこれくらい賑やかでないと。阪急電鉄ツーリストです。スタッフTシャツもピンクです。
kotfa 035

ユニバーサルスタジオジャパンの記念撮影コーナーは、子どもが喜びますね。
kotfa 036

大分県のブースの壁に掛けたタペストリーは重宝します。どこのイベントでもブースの大きさは、だいたい3m×3mなので、このタペストリーがあると、ポスターを貼るよりもインパクトがあり、かつ、きれいです。
kotfa 039

沖縄は力を入れていますね。ブースの前では、沖縄伝統楽器の演奏があったりします。
kotfa 037

6月24日にジンエアーが就航する長崎県も力が入っています。「夜景サミット 2012 in 長崎」において、長崎、香港、モナコを「世界新三大夜景」に認定したんだそうです。うちの事務所の区域でいうと、函館はどこに行ったんだという感じです。
kotfa 040

群馬県は温泉をPR。
kotfa 041

鳥取県は、名探偵コナンだったり、ゲゲゲの鬼太郎だったり、アニメのキャラクターがあります。
kotfa 042

自治体国際化協会ソウル事務所では、単独でブースを出していない自治体の魅力を紹介です。
kotfa 043

そして、この通りは、我らが北海道・東北ゾーン。間の壁を取っ払ってしまって、一体的に使っています。
kotfa 236

北海道の知名度は抜群で、来る人、来る人、北海道のパンフはないか。それでも、たまに「青森に行ったことがあります」という人もいて、嬉しいですね。

北海道ブースでは、アイヌ民族の衣装を着て、記念撮影が人気です。
kotfa 237

うちの事務所は、スタッフの数も少ないので、地道にパンフレットを配ります。韓国人は、特に地図を欲しがり、各種パンフ、地図は毎日補充しましたが、結局、1種類を除いて、全て配りました。
kotfa 239

それでもって、私のなまはげ姿は、隣の東北観光推進機構のブースで写真を撮っていただきました。
DSCN3479.jpg

決めのポーズは違うかもしれませんが、なにせ私は青森県人なので。むしろ、青森県関係者には、あいつはなんで青森のPRをしないで、なまはげになっているんだと言われそうですが、青森県人は心が広いから大丈夫でしょう。うちの事務所の歴代の所長の中でも、なまはげになった方はいないそうです。こんな軽いノリでよいのでしょうか?

私、何年か前に清渓川で行われたソウルランタンフェスティバルのときには、青森ねぶたのハネトの衣装を身にまとい、それはもう、韓国の女子には大人気で、かなり写真を撮られましたので、ねぶたの浴衣でもOKなのですが、ねぶたのハネトは、やっぱりねぶたがなければ、なんだかよくわからない。それに比べて、なまはげはこのインパクト。顔が見えないので何でもできる。

「所長、まだ脱がないんですか?」というスタッフの声を無視し、私は一人、会場内を巡回。フィリピン、タイ、ベトナム、インドネシアなどの世界中の参加者から一緒に写真を撮られたり、アフリカのブースでは、アフリカンビートの音楽に合わせて踊らされたり、本当は子どもを泣かさなければならないけれど、泣いてくれたのは1歳くらいの子1人だけという、おおよそなまはげらしからぬ所業でした。

真面目なことを話せば、なまはげのインパクトを地域の知名度向上につなげる工夫が必要だと思った次第です。

次回は、世界のブースを紹介。


By aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。