自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年のランタン その4
2012年 11月 08日 (木) 08:30 | 編集
翌朝、立佞武多の足下には大きな変圧器が届いていました。
041_20121105222136.jpg

立佞武多の中はこんな感じになっていて、中に入って作業をできるようになっています。
042_20121105222135.jpg

こうやって、中に入って、電球や配線の確認です。中で作業をする前提で組み立てているのですね。平面図の下絵から、見事な3D感覚といいましょうか、どうすればこんなにちょうどよく作れるのでしょう?
052_20121105222135.jpg

夜になって明かりが灯ると、ジャーン。立佞武多がソウルの夜空に映えますね。
IMG_1036_20121106191323.jpg
IMG_1114_20121106191324.jpg

青森ねぶたがかわいく見えるくらい。
IMG_1050.jpg


立佞武多の周りでは、五所川原から参加した囃子方の皆さんが大人気です。韓国人は写真が好きな国民性なので、記念写真を一緒にパチリ。こういう交流をしていると、両国政府間の問題など一切感じないですけどね。
IMG_1245.jpg
IMG_1260_20121105222245.jpg

動画でも人気の様子がよくわかりますよ。


そして、時折、実際にねぷた囃子を演奏したりするもんだから、聴衆からは拍手喝采。
IMG_1039_20121105222134.jpg
IMG_1116_20121105222134.jpg

囃子の様子も動画でどうぞ確認を。


立佞武多の周りには、あまりに多くの聴衆が集まりすぎて、大混雑。とうとう、警察が出動し、一方通行に交通規制されちゃいました。当然、囃子方は立佞武多の前での実演はNG。

五所川原の囃子方は韓国でも大人気で、SBSの夕方のワイドショーで生中継もありました。出番を待っているときは、リラックスしているのですが、ひとたびカメラが回ると、役者に変身。
IMG_1416_20121105222244.jpg
IMG_1407.jpg

動画で確認してみると、インタビューを受けている福士さん、熱がこもって、しゃべりすぎではないだろうか。通訳が困っているよ。


広報ブースでは、学生ボランティアさんも協力してくれて、青森県のPRに努めたのでした。

これで、青森県の知名度がどれだけ向上したかは測定困難ですが、日韓の交流は満足いく結果だったと思います。

恐らく、今もソウルでは、ランタンフェスティバルに参加しているスタッフが青森のPRをしていることでしょう。
寒いでしょうが、頑張って!

今年のイベントの報告を期待して待っています!!

By aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。