自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極にぼラーメンか、焼き干しラーメンか ~少女時代と2ne1の考察~
2012年 08月 12日 (日) 08:30 | 編集
K-POPが日本の音楽シーンを席巻しているのは周知の事実ですが、その中で特に女性グループの趨勢は凄まじいものがあります。

その女性グループを牽引する2グループについて比較・考察すると、まるで青森のラーメンスープのような魅力にたどり着き、共通性に驚かされます。

比較するのは、少女時代と2ne1。

まずは、少女時代。

最新ソングは「パパラッチ」。コチラ。



もう、見るからに華やかなコスチュームとポーズ。輝いています、キラキラと。
まるで極にぼ※スープに浮く鰯の皮のように。一口目の期待感があります。

※極にぼ=煮干の出汁を極限までとった、極めて煮干が強いスープ。

そして曲。のっけからアップテンポのアゲアゲ。
一口目から明らかに濃いです。れんげを沈めた時に流入してくるスープのスピードが遅いぐらい、ねっとりとし、舌に絡む獣系スープ。

その曲に乗って踊る、誰もがあこがれる白い肌、しなやかで完璧なプロポーション。まるで極限までこだわった国産小麦100%の中太自家製麺。つるつるとしながらもコシがあります。

ビートに乗った「ガレージから」の上ずった声が耳に残るサビにかけては、獣系と魚介系のミックス全開のwスープの真骨頂。煮干特有の酸味を介しながらも複雑な風味が口の中を駆け巡り、脳をパンチングします。

そして急に「ブンブンブン」。甘くはないわよ的な引きが、逆にもう一杯スープをすすりたくなるアドハダリ(後引く)の感覚。

最近のK-POPは、このように圧倒的な力技でぐいぐい押してくるのが多いのですが、同様に、青森で若い人を中心に行列ができるぐらい流行っているのも、この極にぼラーメンです。これを食べちゃうと普通のじゃ物足りなくなってしまいます。どちらも最近のベンチマークですね。


さて、こちらは、2ne1。最新ソング「I LOVE YOU」。



とても独特で排他的な出だし。
まるで、商売っ気のない店構のラーメン屋に足を踏み入れるなり、店員に「大か中か」ぶっきらぼうに聞かれるかのように。

一曲に投入する巨額のプロモーション経費を考えると、流行に流されてしまいがちでしょうが、きっとプロデューサーは目をつぶり己の信じる音楽センスでこの曲を世に送り出したに違いありません。
そう、そこには味噌ラーメンも塩ラーメンもありません。あるのは己が信じ貫く、焼き干しラーメンただひとつのみ。軸は決してぶれない。

独特に思えるメロディーは、実は、欧米の最新ヒップホップ・ブラックミュージックの潮流に乗ったもの。
焼き干しも、実は最高級平舘産のもの。


しかし、ほかにはない独特のファッション、人に媚びない、男に媚びない歌詞・曲調は、逆に若い女性を中心に熱狂的なファンを獲得し、とてつもないカリスマ性を発揮しています。歌手の身体的スタイルより中身やセンスで勝負。まさにアイコン。
ねじり鉢巻に金のネックレスのような独特のセンスを貫き、うどんと言われようが、酸っぱいと言われようが、スープに指を入れて運んでこようが、焼き干しをきかせた中毒性のあるラーメンを提供し続ける店主のように。そして人はハマっていく・・・


厳しいミュージックシーンの中にあって、しっかりとしたグローバル戦略に裏打ちされた2グループ、かたやインスタントラーメン購入費日本一である青森県の中にあって、しっかりとしたアイデンティティを持ち続け、生き延びる二種類の外食ラーメン。

どちらの勢いもしばらく衰えそうにありませんね。


さて、あなたはどちらのテイストがお好き??


byトド松っつぁん

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。