自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大丈夫か、日韓関係
2012年 08月 11日 (土) 08:30 | 編集
どうした日本代表、オリンピックのサッカー男子3位決定戦、完敗ですね。銅メダルと4位の歴然とした違い。この絶対に負けられない試合で結果を出せない日本と、無類の強さを発揮する韓国、この違いはなんなのか。

オリンピックでは、男子柔道での審判の問題があり、サッカー男子とバレーボール女子の3位決定戦は日韓戦、獲得メダルの総数では日本が上だが、金メダルの数は韓国は日本の倍以上と、日韓が競っています。スポーツの世界は、勝負がついた後は、ノーサイド。

しかし、韓国大統領の竹島上陸となると、話は違います。なぜ、今このタイミングなのか。

日本のテレビでは韓流が毎日流れ、それによって韓国の歴史や文化に興味を持ち、韓国へ出かける人が着実に増えている。そして、両国の交流はどんどん活発になる。だけど、領土問題、歴史問題で、急速に関係が冷え込む。これまでも度々こういうことがありました。

韓国では、公務員を対象とした日本への渡航自粛や、市町村レベルでの青少年交流の中止により、ぴたりと行き来がなくなる。

一方、日本人は、領土問題や歴史問題に対する認識はあまりなく、韓国旅行に出かける人が急に少なくなることはあまりない。

李大統領も、新しい時代の日韓の関係を作り上げる必要があると言っていながらも、自らの行動で日韓関係を先鋭化させる。

私は、以前、広蔵市場の屋台で飲んでいる時に、太平洋戦争のことをどう考えているのかと絡まれたこともあり、また、友人の帝京大学講師と竹島問題を議論したこともあるけど、個人レベルでは、意見は違えど、歩み寄れないことがないわけでもないと思います。

しかし、国家レベルでは、これからも今回と同じようなことが繰り返されるのでしょうか?

両国の新しい関係を築き上げるには、交流を活発化し、信頼関係を深めていくことが必要だと思うし、そして、青森県も済州島と友好協定を結んだり、ソウルのランタンフェスティバルに青森ねぶたと五所川原立佞武多が参加したり、現在進行中の「優しい男」の弘前ロケなど、交流を深めてきた。

今回の影響がいつまで続くかはわからないが、これまでに積み上げてきた交流が揺るがないことを祈りたい。

By aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
私は先々月、広蔵市場の焼肉屋で女子三人で飲んでいたら、隣のアジョシから「この焼肉もうまいから食べなさい」と長淵ファンのアジョシに差し入れもらったり(笑)、夜中に東大門で仕入れした重い荷物を持ち、深夜にホテルまで歩いていたら見知らぬ方に、「貸して!」と言って荷物をホテルまで担いでくれたりと、その他にも数えきれないくらい沢山のアジュンマ&アジョシたちに親切にされる事が多いです。
良い意味でおせっかいさんの極み、みたいなところがありますよね。一方で「日本人なんかに売らないし!」と言われたこともあります。韓国の方は両極端だなと思う事がしばしばです。

人間の本質が持っている心と、最近の歴史・教育によって植えつけられた知識が同居しているからこそ

だから尚更、一般庶民を政治のゴタゴタに巻きこまないでほしいって私は思います。
2012/ 08/ 12 (日) 10: 31: 09 | URL | iku # J.dtgWaM[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。