自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月11日の「優しい男」弘前ロケ
2012年 08月 02日 (木) 08:30 | 編集
8月11日に行われる「優しい男」の弘前ロケ、エキストラへの応募を考えていましたら、仕事として関わることになりそうです。

勤務時間は、8月11日(土)の午後4時から、翌8月12日(日)の午前4時まで、なんと夜中の12時間勤務。

学生時代に、大日本印刷の工場で、一晩かけてダンボールを折るアルバイトをしたことを思い出しました。

ただ、どんな仕事になるのかは知らされておらず、この時間帯は空いていますかという打診だけ。どんな撮影かも、いつから撮影が始まるかも、一切知らされておりません。決まった時間にここに来い的な、徹底した情報管理です。

エキストラが500人集まるのです。エキストラの方の受付、荷物の管理、交通整理、警備、クレーム処理など、いろんな仕事があるんだと思います。

また、撮影場所のすぐ近くは、弘前随一の歓楽街「鍛治町」ですので、酔った野次馬も多数いそうです。けんかにならないようにしなくては。

ムン・チェウォンさんのボディーガードだったら、身を挺してでも頑張りますけどね。

エキストラも延々待たされて、いつ始まるのか、いつ終わるのかという苦情が集中しそうです。

勤務時間の終了は明け方の4時。この時間になると、ホテルに泊まる気もしませんね。弘前発青森行の始発列車が5時10分頃なので、それまで、どこかで時間をつぶしましょう。夜勤明けに車を運転するのは危険ですので。

主役の二人を見れるかどうかもわからず、もちろん、写真撮影は禁止。ブログのネタにもなりません。

でも、青森で韓国ドラマのロケがあるのは、今回が最初で最後かもしれないので、十分楽しんで仕事をしようと思思います。

そうそう、近々BSフジで放送開始となる、チャン・グンソクの「ラブレイン」。このドラマの日本ロケも、最初は青森に打診があったようです。ただし、ユン・ソクホ監督の「牧場で撮影したい」という一言で北海道ロケになったとか。でも、「ラブレイン」は視聴率的にはイマイチだったようですね。

そもそも、韓国のドラマやバラエティ番組の日本ロケの話は、いくらでもあります。番組の企画の段階で、売り込みがあり、条件も千差万別。有名なところでは、アイリスの秋田県。アテナの鳥取県で、一気に相場が上がってしまいました。数ある売り込みの中から、ストーリー、主役、条件等を比較して、ロケに協力する番組を決める。当たるか当たらないかはわからない、一種のばくちですね。今回も、相当の決意をもって決めたのでしょう。

アテナの撮影では、市民ボランティア400人で、倉吉市の祭りを再現したそうです。それを考えれば、今回のエキストラ500名募集は、弘前ねぷた祭りの再現で決まりでしょう。(募集案内にも、どんな撮影をするのかは書かれていないのです。)

弘前ねぷた、それから、弘前まで来て弘前城を外すことはないでしょう。いろいろな素材がドラマの中でどのように料理されるのか楽しみです。

By aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
おもっ(^^;
毎日のブログ更新、お疲れ様です
11日のロケは裏方さんですかぁ~
エキストラ参加や、俳優陣に執着がない私には、そちらの方が魅力的かも^^;
撮影シーンがねぷた祭りの再現であることは、エキストラ募集の記事等でも明らかですよね
500人の観客、運行エキストラ、スタッフに見物人等々
かなりの人数になるでしょうから、サポートの裏方さんは大変かも
県内では最初で最後の韓国ドラマロケかも…?には、私も同感(^^)b
大変な中でも、楽しいお仕事になりますように
ごく最近では、栃木で韓国ドラマのロケが3週間ほど行われてましたね
日本でも人気の俳優さんだけに、ロケ中の集客もなかなかだった様子
既に日本放映も決まっているドラマだけに、歓迎レセプションでは主役陣もシッカリ宣伝に一役かっていたような…
現在の韓国ではドラマ放映のチャンネルも増え、「Love Rain」に限らず、視聴率獲得には苦戦してますよね
私自身「うなぎ」ではありませんし、特に擁護するつもりでもありませんが…^^;
放映時に他局でどのようなドラマがキャスティングされるのかも大きな鍵!
先ずは天気に恵まれ、無事にロケが終了できる事を祈っています

2012/ 08/ 02 (木) 17: 42: 13 | URL | Blue106 # SXq8ZEPY[ 編集 ]
エキストラさんんお集まり具合、さっぱりわかりませんが、やはりイ・ソジンさんの展覧会しかり、女性が圧倒的に多いのでしょうか??

それでは仮に弘前市内の祭りを再現するのであれば、違和感があるかもしれまへんね。

男性も積極的に参画して欲しいです。

ここは夫婦・カップル・親子そろっていかがでしょう!!
2012/ 08/ 03 (金) 12: 05: 44 | URL | トド松っつぁん # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。