自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釜山、チャガルチ市場のまわりで
2012年 08月 03日 (金) 08:30 | 編集
昨晩から、青森ねぶたが始まりました。観光客の皆さん、どうぞ、青森の夏祭りを見にお越しください。

東北新幹線の新青森駅に、釜山観光のカラーコルトンが掲出されています。釜山の観光局では、青森くんだりまで来て観光PRをしているのですね。直行便があるわけでもないのに。

「優しい男」がヒットすれば、韓国中で青森の認知度が高まるはずですので、ソウルだけでなく、釜山や大邱もターゲットとして、誘客しないと。

さて、釜山のチャガルチ市場の建物のまわりには、魚を売っている商店や露店が密集しています。
171.jpg
IMG_0941.jpg

露店では、魚に水をかけて、乾燥しないようにしています。
175.jpg

いろんな魚が売られてます。
172_20120731080249.jpg
173_20120731080249.jpg

こんなにいい天気の中、軒先に魚を並べて、鮮度は大丈夫かと、心配になります。それから、こんなにたくさんお店があって、売れ残らないのかも心配になります。

そういえば、先日、新聞の社説を読んでいたら、八戸港にゴマサバが水揚げされているそうです。八戸港は、もともとマサバの水揚げが多く、ブランド化に取り組んでいますが、今年は、ゴマサバの水揚げが多いそうです。

サバ好きの私でも、正直言って、マサバとゴマサバの違いがわかりません。
マサバについて
ゴマサバについて

ゴマサバは缶詰くらいにしか使われていないので、調理方法を研究しているということでした。そして、世界の中でも、韓国などサバを食する国と交流しながら、サバの活用を考えていくべきとありました。

韓国のサバは脂がのってとってもおいしいので、私もこの意見に賛成です。

日本にも、八戸サバ、関サバ、金華サバなどブランドサバがありますので、それに海外のサバも加えて、関係者による「世界サバサミット」なるものを開催してはいかがでしょうか。

ご当地ならではの食べ方・調理方法を紹介するとか、ブランドサバを利用したサバ料理のコンテストを行うとか、サバを使った産業おこし・地域おこしを考えるとか。なんか、面白いことができそうな気がしますね。

By aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。