自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猛暑日に 涼を求めて 清渓川(チョンゲチョン)
2012年 07月 30日 (月) 08:30 | 編集
いつから日本はこんな暑い国になってしまったのか?

連日、最高気温38度とか、熱中症で○人が病院に運ばれたというニュースを聞くにつけ、これが地球温暖化の帰結かと思ってしまう。

青森でも、最高気温が34度とか、30度だったら少しは過ごしやすいとか、やっぱり、何かおかしい。

青森県庁は、南棟、東棟、西棟、北棟と、庁舎を付け足して作っています。そのうち、南棟と東棟は、なんと冷房がありません。もちろん、空調設備もありません。窓を開放して、自然の風頼りです。全国の都道府県庁舎の中でも、冷房がないのは青森県だけ。昔は、たらいに水を張って、足を浸して仕事をしたという話も聞きます。

残業しているときに窓を開放していると、虫がたくさん入ってきます。

半袖のワイシャツだと、腕が汗ばみ、書類がくっついたりして、いやなので、長袖のワイシャツで我慢。猛暑日の青森県庁は、さながら我慢大会です。

暑くなると、涼を求めるもの。

ソウル中心部を流れる清渓川にも、人が集まります。
IMG_1192.jpg

噴水は見ているだけで涼しくなります。
IMG_1190_20120729110635.jpg

橋の下では、日陰を求めて、人々が涼んでいます。
IMG_1194.jpg

水遊びに興じる子どもたちも多い。
IMG_1195.jpg

清渓川は、豪雨の時に雨水を漢江に抜く水路の役割を果たしますし、平時はソウル市民の憩いの場です。

青森でいえば、青い森公園の噴水で水遊び、東京でいえば、日比谷公園の噴水で水遊びということでしょうか?

ソウルでも、この辺りに住んでいる人は、そんなにいないでしょうから、「今日は暑いから、清渓川にでも、水遊びに行くか」という感じなんでしょうかね。


By aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
夏も冬も
清渓川、夏も冬もぷらぷら歩くのにいいですね。夏の夜はコンサートやベントやってたり。結構な距離がありますが、所々で街に上がってまた降りて川沿いを歩く…楽しいひと時になります。ウォーキングツアーに参加された方のお話聞きたいです(^O^)
2012/ 07/ 31 (火) 07: 39: 38 | URL | たんぽぽ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。