自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北のコナモンと韓国のコナモン
2012年 07月 08日 (日) 08:30 | 編集
青森県の中央を南北に縦断する八甲田連邦、八甲田の山々で分けられる、太平洋側の地域と日本海側の地域は、気候も風土も違います。

日本海側の津軽地方、太宰治の小説「津軽」の舞台、冬は雪が多く、夏は暑くなります。岩木川の流域には水田地帯が広がっていて、江戸時代から稲作が盛ん。

一方、太平洋側の南部地方は、冬は晴れが多いものの冷え込みが厳しく、そして、今の季節は「ヤマセ」と呼ばれる東風が吹き、ジメジメとした肌寒い日が続きます。土地も肥えていないので、米はあまり取れず、江戸時代からたびたび冷害、凶作に見舞われました。米がとれないので、麦、稗、粟、そばなど雑穀を作っていました。そして、郷土料理には、それらを粉にしてつくる「コナモン」が多くあります。

北のコナモンTOWNのHPも見てください

そして、韓国も「コナモン」が非常に多い。

私の好きなピンデトック。
156_20120707212929.jpg

原料は緑豆です。石臼で引いて使っています。
163.jpg

油大目に焼き上げていますが、見た目は関西風お好み焼きによく似ていますね。
161_20120707212928.jpg

このほかにも小麦粉を付けて焼く料理が多数あります。
343_20120707212927.jpg

豆腐にも小麦粉を付けて焼いていますね。
344_20120707212926.jpg

そして、カレイもサンマも小麦粉を付けて焼いています。焼くと言っても、油が多めなので、フライのような感じもします。
345_20120707212926.jpg

「コナモン」には、油がたっぷりしみこんでいて、カロリーは高め。でも、美味しいのでついつい量を多く食べてしまいますね。

By aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
ドラマ「イサン」で…
おはようございます~aero-Kさん…
“ピンデトック”…“チヂミ”とは別なのですね?!先日、初めて大阪は「鶴橋」のコリアンタウンを彷徨いましたが、確かに沢山の“おかず”を売っていました~店頭で美味しそうな香りを放つ姿を見て、「イサン」で、マクソンおばさんが沢山作るおかずを思い出しました…そうかぁあの頃から伝わっている、庶民の食べ物文化なのですねぇ…“ピンデトック”食べてみたいです~♪
2012/ 07/ 08 (日) 09: 37: 54 | URL | kabukimon # -[ 編集 ]
いくらでもいけるピンデトック
本当にどちらも美味しそう^^
中に入れる具材にもよると思いますが、「コナモン」は安くて美味しい食べ物の代表ですね。ピンデトック、マシッソッソヨ!!油で揚げているのにカリカリもちもち…いくつでも食べられますから(カロリーは???)
2012/ 07/ 08 (日) 10: 36: 50 | URL | たんぽぽ # -[ 編集 ]
Re: ドラマ「イサン」で…
ピンデトック、チヂミ、パジョン。同じコナモンでも、中の具材が違ったりして。美味しけりゃ、何でもいいですけどね。
2012/ 07/ 10 (火) 08: 11: 29 | URL | ソウルの達人への道 # -[ 編集 ]
Re: いくらでもいけるピンデトック
ソウルの広蔵市場に行くと、試食用のピンデトックがありますので、各店の試食を食べ歩いていると、それだけでお腹がふくれてしまいます。
2012/ 07/ 10 (火) 08: 14: 01 | URL | ソウルの達人への道 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
青森県の中央を南北に縦断する八甲田連邦、八甲田の山々で分けられる、太平洋側の地域と日本海側の地域は、気候も風土も違います。日本海側の津軽地方、太宰治の小説「津軽」の舞台...
2012/07/09(月) 03:46:49 | まとめwoネタ速neo
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。