自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
徳寿宮トルダムキル(石垣道)を歩いた恋人は...
2012年 06月 02日 (土) 08:30 | 編集
徳寿宮の正門である大漢門の左側から伸びている道が「徳寿宮トルダムキル(石垣道)」というそうです。
IMG_0101.jpg

この道をまっすぐ行くと、貞洞劇場があり、正式名称は「貞洞キル(チョンドン通り)」なのですが、徳寿宮の石垣に沿って続いているので「トルダムキル」でおなじみなんだそうです。
IMG_0096.jpg

徳寿宮については、以前、トトロ師匠がレポートしています。
徳寿宮の記事はこっちです

貞洞劇場の先には、ナンタ劇場があり、今でこそナンタは明洞劇場ができましたが、私が最初に見たときは、こっちの劇場でした。

周辺にはソウル市民美術館、ロシア大使館などあり、落ち着いた感じです。ソウル市民美術館については、以前、トトロ師匠がレポートしていました。
ソウル市民美術館のレポートはこっちです

貞洞劇場で「美笑」の公演終了後、出演者との記念写真撮影会が開かれます。IMG_0092.jpg
IMG_0094.jpg
小心者の私は、結局、ヒロインの女優さんとツーショットの写真を撮れずじまい。

夜の帳の中、トルダムキルをとぼとぼと歩くのでした。
IMG_0098.jpg
IMG_0099.jpg

「コネスト」によりますと、恋人同士がトルダムキルを歩くと必ず別れるのだそうです。それは、現在ソウル市民美術館がある場所に、以前、離婚調停などを行う家庭裁判所があったからだとか。本当かな?今度、トルダムキルを歩いているカップルに聞いてみたいです。「あなた方はこれから別れますか?」

「コネスト」の記事はこっちです


By aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
徳寿宮の正門である大漢門の左側から伸びている道が「徳寿宮トルダムキル(石垣道)」というそうです。この道をまっすぐ行くと、貞洞劇場があり、正式名称は「貞洞キル(チョンドン通り)」なのですが、徳寿宮の石垣に沿って続いているので「トルダムキル」でおなじみなん...
2012/06/02(土) 12:28:20 | まとめwoネタ速neo
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。