自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東横イン東大門の近くにある、あえて「骨なし」で勝負する焼き肉やさん
2012年 05月 25日 (金) 08:30 | 編集
しばらく縁無く遠ざかっていますが、東横イン東大門に泊まっていた時、三度ほど行きました。

DSC_0248.jpg
 

店先にずらっとならんだ焼き肉セットに惹かれてはいりました。店の名前は「コルモックチブ」
「45年伝統」の文字が目印?

赤字で「骨なし牛カルビ肉」と書いてあります。

通常「骨付き」だと、日本人が相当食いつきますが、そこをあえて「骨なし」で勝負するところ、相当の自信家です。

DSC_0247.jpg 
牛カルビ肉10,000ウォン、テジカルビが8,000ウォン。

DSC_0246.jpg 

何かで紹介されたんでしょう。「コルモク屋」となっています。
DSC_0249.jpg 
だめだ、どうしてもこの店ネット検索に引っ掛からない。

DSC_0250.jpg 

我々もソウルの空の下、外のテーブルに着きました。それだけで気分がいいです。

「おばさんビールくださ~い!」



そして、さっそ頼みましたよ、骨なしカルビ。

日本のカルビのように、薄くて幅広い肉の切り方でなくて、ごろっとしています。

DSC_0258.jpg

テンション上昇中

DSC_0244.jpg

炭火でジュージュー。テンション臨界点。

DSC_0243.jpg   DSC_0252.jpg

食べてみると、日本のような脂肪分たっぷりな感じではなく、肉肉しています。意外とあっさり。
もうすこし豪快な大きな固まりでもいいな。


続いて、ヤンいきました。ヤン。

つけだれたっぷり

DSC_0259.jpg 

テンション二段階UP

DSC_0261.jpg 

MIX!

DSC_0263.jpg 

肉厚のヤンをはさみでサックッと切ります。ヤン自体の味は比較的蛋白ですが、つけだれが旨くて、何個でもいけちゃいました。 歯のとおりがよく、ミシっミシっと噛むと、心地よい振動が脳に伝わります。


違う日に、サムギョプサルを頼みました。
残念ながら冷凍チックでしたが、一緒に行った味にうるさい地元TVプロデューサーが、「いい味している」と言っていました。

そうそう。ここの店、炭焼きなのですが、黙々と炭置き場で炭を調整している炭の専門職のような従業員がいました。
炭奉行?炭番人?すごいねえ。それだけで気に入った。

by トド松っつぁん

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
ロシア人街にある焼き肉屋ですね
この焼肉屋、私も行ったことがあります。店の中には、骨から肉を切り落としているおっちゃんがいました。

牛カルビが1万ウォン、今のレートだと700円を切るくらい。満足度高いですね。

東大門でもこの辺りは、ロシア語の看板が多く、夜になるとロシア人も歩いていて、ちょっと雰囲気が違う。

韓国へ行くなら円高の今ですね。
2012/ 05/ 25 (金) 12: 43: 52 | URL | aero-K # -[ 編集 ]
この通り、いろんな食べ物屋がずらっと並んでいます。オギョプサル、タッカンマリ、BBQチキン・・・

韓国、専門職が多いですね。食堂にしても、それぞれの料理の専門店ばかり。だからそれぞれ気合いが入っていますね。

逆に初めて日本に来たという韓国雑誌記者を居酒屋チェーン「はなの舞」につれて行ったら、
「なんで、メニューに、刺身あってピザあってラーメンあってパフェあるの?」
ってびっくりしていました。
2012/ 05/ 28 (月) 12: 48: 48 | URL | トド松っつぁん # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
しばらく縁無く遠ざかっていますが、東横イン東大門に泊まっていた時、三度ほど行きました。
2012/05/25(金) 13:56:27 | まとめwoネタ速neo
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。