自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
慶州の世界文化遺産「仏国寺」 俗世から仏の世界へ 
2012年 05月 18日 (金) 08:30 | 編集
世界文化遺産 仏国寺(プルグッサ)に来ました。
315_20120506095923.jpg

一柱門(イルチュムン)を抜けて、中に入ります。
316_20120506095923.jpg

道を進んでいくと、次の門である天王門があります。
273_20120506095738.jpg

ここで、四天王に睨まれます。邪悪なものは、神聖な場所に立ち入ることができないということなのでしょうね。
274.jpg
275.jpg

俗世から礼拝空間に向かう道の東側には紫霞門と青雲橋・白雲橋が、西側には安養門と蓮華橋・七宝橋があります。
312_20120506095924.jpg

こちらは紫霞門のほうです。
278_20120506095735.jpg

下の階段が17段の青雲橋。青い青年の姿を現しているそうです。上の階段は16段で白雲橋。白髪の老人の姿を現しているそうです。二つの階段が、橋(階段)の下の俗世と上の仏の世界をつなぐ象徴です。二つの階段を足すと33段となりますが。33の数字は、仏教ではまだ仏の境地に至っていない33の段階を意味するのだそうです。

281_20120506095734.jpg

そして、この階段はアーチ式の橋の形式で造られた特異な形をしています。統一新羅の時代、750年に建てられたものとされており、新羅時代の橋としては唯一完全なものとして残っています。当然、今は階段を上り下りすることは禁じられており、この先に進むには、う回路を通っていきます。
283_20120506095733.jpg

それでは、次は、仏国寺の仏教世界へ。

By aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
世界文化遺産 仏国寺(プルグッサ)に来ました。一柱門(イルチュムン)を抜けて、中に入ります。道を進んでいくと、次の門である天王門があります。ここで、四天王に睨まれます。邪悪なものは、神聖な場所に立ち入ることができないということなのでしょうね。俗世から礼...
2012/05/19(土) 07:47:26 | まとめwoネタ速neo
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。