自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに汝矣島の「63ビルディング」に上りました。
2012年 03月 06日 (火) 08:30 | 編集
ソウルの中心部を流れる「漢江」には、汝矣島(ヨイド)と呼ばれる中州があります。

ヨイドは国会議事堂、各種テレビ局など、ソウルの政治・経済の中心地です。

そこに、ニョキッとそびれるタワーがあります。

IMG_1988-2.jpg 

これこそ、「63ビルディング」と呼ばれる超高層ビルです。

IMG_1873.jpg 
IMG_1857.jpg 

全長264m、地上60階、地下3階からなる63ビルは、最上階である60階が展望台になっています。

完成した1985年当時、アジアで最も高いビルだったこのビルも、今では韓国で3番ぐらいだそうです。
ただし、観光客が上がって眺められるビルとしては、今でも韓国の中でも最も高いビルの一つではあるそうですね。

この63ビルディングが立てられるまでアジアで最も高かったのが、池袋のサンシャイン60で240m

ちなみに六本木ヒルズが238m、青森のランドマークことアスパムは76mです。



63ビルなのに、最上階がなぜ60階なのか私に聞かれてもわかりません。

地下も合わせて63だからですかね。

高さだけでなくネーミングでもサンシャイン60に勝ちたかったのでしょうか。


IMG_1856.jpg 

さて、観光では高いところに上るのが鉄則ということで、早速上りました。

エレベーターの外はガラス張りです。

超高層ビルのエレベーターといえば、自慢は超速エレベーターですよね。六本木ヒルズみたいに。

しかし、このビルはそこまで速くないのが、私的に逆に好都合で、高いところに徐々に慣れていける気がしました。


IMG_1854_20120305211420.jpg 

さすがに、高いです。見晴らし抜群!!

IMG_1802.jpg 

ビルはほぼ360度景色が楽しめます。


まずはこちら。

漢江の向こう側、北方向ですね。 右側にソウルタワーが見えます。

IMG_1816-2.jpg 

お次はヨイドの西方向。

左側の、二番目に高そうな黒いビルの右に、水色の丸い頭の建物がありますが、あれが国会議事堂です。

IMG_1820.jpg 

東方向。道路がいい感じに渋滞しています。

IMG_1834.jpg 

Nソウルタワーしかり、ソウルの観光用の高層建物には、経験則上、トイレに工夫があるはずです。

さっそくお邪魔します。

IMG_1844.jpg

ん~。

そんなに凄くはないけど、なんとなく勇気が入ります。微妙かな。

IMG_1840.jpg

<このビルの感想>

私的に、とても新鮮ではあります。必ずガイドブックに載っていますから、一度は行きたいなと。
しかし、もし、初めてソウルに来て高いところに行きたいのであれば、まずは、Nソウルタワーをお勧めします。
ソウル一番のランドマークですし、明洞などのショッピングエリアや定番の観光地から比較的近いですから。

ただ、ソウル市内の全景、それも夜景を写真に納めたいなら、この63ビルの方がよいかもしれません。
私も三脚立てて夜景を撮ってみたいです。


63ビルディング
・ソウル特別市 永登浦区 汝矣島洞 60
・営業時間 店舗によって異なる(展望台は10:00~22:00※21:30まで入場可能)
(休業日 年中無休)
・展望台へは有料となっています。

byトド松っつぁん
 
関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
世界中、日本中必ずあるもの^^
確かに、いろいろな観光地に必ずあるのが「○○タワー」…高いところから広々と遠くを見下ろすとせいせいする(-^〇^-)
それに水族館やレストランなどオマケの楽しみが付いていればいいうことなし!!ガイドブックによると「63ビル」はそんなに新しい建物ではないのですよね。
ソウルに行ったら行ってみたい場所がまたひとつ増えました\(^^@)/
2012/ 03/ 06 (火) 21: 57: 46 | URL | たんぽぽ # -[ 編集 ]
たんぽぽさん

63ビルには水族館もありましたよ。でも、せわしなく回るツアーだったので、寄れませんでした~。
2012/ 03/ 07 (水) 22: 24: 52 | URL | ソウルの達人への道 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。