自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホ・ヨンマン画伯 こけしの絵付けに挑戦
2016年 02月 02日 (火) 12:17 | 編集
青森を取材中のホ・ヨンマン画伯ご一行。向かったのは、黒石市の津軽こけし館です。

160130kokeshi (2)

ここは、こけし製作の実演を見られるほか、

160130kokeshi (5)

こけしの絵付け体験もできます。

160130kokeshi (8)

プロが使うのと同じ絵具で絵付けです。

160130kokeshi (1)

ご一行様は、絵付けに挑戦。

160130kokeshi (7)

漫画家の画伯に絵を描いてもらおうというものです。

160130kokeshi (6)

さて、私がここに最初に来たのは、かれこれ20年前。南米からの研修員を連れて、日本文化を体験しにここにきて、絵付けを教えてくれたのは、今は亡き佐藤佳樹さん。佐藤さんの作ったこけしは多数展示されています。

160130kokeshi (4)

そのお父上は、名人の誉れ高い佐藤善二さん。

160130kokeshi (3)

佐藤善二名人の特徴は、

160130kokeshi (9)

このだるまです。

160130kokeshi (10)

安倍首相のこけしも展示されています。

160130kokeshi (11)

こけし師の色付けも始まりました。

160130kokeshi (12)

意外と真剣に取り組んでいるご一行。

160130kokeshi (13)

画伯も真剣なまなざし。

160130kokeshi (14)

ご一行の皆さんからも描いてくれとせがまれています。

160130kokeshi (15)

手元をアップ。

160130kokeshi (16)

何を描いてほしいのか聞いているのかな?

160130kokeshi (17)

さて、こけしの絵付けが終わった後は、そり遊びに興じる大人たち。

160130kokeshi (18)

そりが壊れなければよいのだけれど。

160130kokeshi (19)

そして、雪上車も体験。

160130kokeshi (20)

この雪上車、見た目はしょぼいですが、蛇行運転が結構怖いです。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。