自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えっ、晩飯に冷麺だけ?それはないよ。
2015年 10月 07日 (水) 12:30 | 編集
9月19日(土)、この日は、以前に報告した通り、新村で日韓交流おまつりがあったのです。午後の公演が終わってから、COEXに移動して、夜のリハーサルに臨む予定だったのです。

空き時間が中途半端だったので、一度、永登浦のホテルへ戻って、荷物を置いて、それからCOEXに移動することにしたのです。そして、COEXに行く途中に晩御飯を済ませて。

思えば、それが失敗の始まりだったのです。まっすぐ、COEXへ行って、待ち時間の間に夕食にすればよかったのです。

しかし、私たちは20名程度。一度にそんな人数が入るレストランはそうそうあるものではありません。

しかも、日本の旅行会社を通して、食事場所の予約をしていたので。というか、会計上、韓国で現金でお金を払うことができなかったので。

ということで、この日の夕食場所は、ホテルから歩いて20分弱。永登浦市場の向かいの繁華街にある冷麺屋。

150919men (1)

この冷麺屋はソウル市内にいくつもあります。時間は夕方の5時。お店はそんなに混んではいません。

150919men.jpg

話を聞いたら、冷麺を注文しているとのこと。

ちょっと待てよ。夕食に冷麺一つ?冷麺は、焼肉の〆に食べるものじゃないの?冷麺一つじゃ腹減るでしょう。

150919men (6)

まずは、最初に出てきたスープを飲みます。

150919men (2)

次にキムチを食べます。

150919men (3)

冷麺一つじゃ足りなかろうと思い、独断で、マンドゥ鍋を追加。

150919men (5)

このマンドゥ鍋、味はいいのだが、なにせアバウトなので、中に入っているマンドゥの数、大きさが、鍋により全く違うのです。ですから、シェアして食べようにも、計算が立たないのです。

そして、真打ちの冷麺。

150919men (4)

冷麺の名店だけあって、スープの味が美味しい。麺も、確かにはさみで切って食べないと噛みきれないくらい。

冷麺とマンドゥを美味しく食べて、時間は6時前。それから、COEXに向かうのです。

そこで、私の土地勘が鈍っていたのですね。

当初の予定は、5号線の永登浦市場駅に行き、地下鉄に乗って、永登浦区庁駅で2号線に乗り換えて三成駅まで。そうすると1時間はかからないので、リハーサルの時間には間に合うはず。

ただ、この日は、結構歩いていたので、皆さん疲れていて、タクシーに乗って行こうと思ったのが運の尽き。

永登浦市場向かいのタクシー乗り場に行き、タクシー6台分を持ちます。思えば、その時に早めにあきらめて、地下鉄で向かえばよかったのです。

タクシー乗り場の少し横に空車のタクシーが3台停まっていました。アジョシに声をかけましたが、全く反応はありません。話に夢中です。全く、ソウルのタクシーは、稼ぐ気がないのか?結局そのタクシーは全く動きませんでした。

かといって、土曜日の夕方、しかも、秋夕が近いとあって、流しのタクシーも全くいません。

運よく1台が停まり、客が降りてきたので、すぐに3人を乗らせて、COEXに向かわせました。タクシーを待ち始めてからすでに10分以上経過しています。

次のタクシーが来たのはそれから5分後。先に、乗せて運転手と交渉すればよかったのです。しかし、私が運転手に行先を告げている時、誰も乗らなかったので、すっと来た男性が乗って、タクシーは行ってしまいました。もっとも、そのタクシーの運転手、道が混んでいてCOEXには2時間かかるから、地下鉄で行く方が良いと、タクシーには我々を乗せてくれなかったのです。

それから、5分経って、タクシーが通りかかる様子もないので、あきらめて、地下鉄の駅まで歩き、地下鉄に変更です。その時点でリハーサル開始までは残り40分。

結局、30分以上遅れてCOEXに到着し、リハーサルも順番が一番最後に回されました。

あぁ、こんなことなら、初めから地下鉄で行けばよかった、むしろ、最初からCOEXへ向かえばよかった、と後悔しても始まりません。江南は馴染みがないとは言え、元ソウル事務所長としては、とても忸怩たる思いをした夜でした。

冷麺屋の場所はココ
지도 크게 보기
2015.10.5 | 지도 크게 보기 ©  NAVER Corp.



by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。