自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
荷物に泣いた今回の出張
2015年 08月 09日 (日) 12:59 | 編集
7月19日に始まった、ソウル、台北への出張は7月23日に帰国しました。

帰国は8時45分台湾松山空港発のJAL便。ホテルを7時に出発しました。

150723plane (2)

今回の出張は荷物に泣かされました。青森空港出発時にスーツケースは35㎏ありました。日本酒を一升瓶が2本、四合瓶が3本ありましたので。私物はほとんどありません。

青森空港では、35㎏の荷物は預けることができない(係員が持てないため)と言われ、空港で段ボール箱をもらい荷物を分散しました。あまり重すぎるとダメなんだ。

ソウルから台北に向かう時は27㎏と7㎏オーバー。エバー航空は4㎏をおまけしてくれて、3㎏分のオーバーチャージを支払い。

そして、松山空港。24㎏まで減っていましたが、JALはしっかり4㎏分のオーバーチャージです。ミッション団なので、グループ全体では20㎏×人数分の重量に収まっているのでしょうが、チェックインは個人個人で行っているので、言い訳することもできず、オーバーチャージ分を支払いです。また、これを支払う時も、ここから先にあるからそこで支払って来いと言われるだけで、探していかなければないし、

150723plane (3)

手続きを代行する中華航空では時間はかかるし、今回、元が余っていましたが、このオーバーチャージでほとんどなくなりました。

150723plane (4)

1,871元。オーバーチャージは経費で落ちないので、自腹です。痛い!

さて、ホテル出発は7時。朝食は6時半から。ホテル料金は1泊朝食付き。ですが、ゆっくり食事をする時間はありませんし、ご飯の食べて、また部屋に戻って歯を磨いてというのも面倒くさいし。ということで、出発日のホテルの朝食は捨てました。もったいない。

機内食があるのはわかっていましたが、最後に空港の中で、もう一品台湾らしいご飯を食べました。

ということで、ワンタンスープです。

150723plane (5)

結構身が詰まったワンタンがたくさん入っていました。

150723plane (6)

機内食は、さすがはJAL。和洋中のバランスが取れています。

150723plane (7)

まずは、中華風に魯肉飯。

150723plane (8)

次は、和風に湯葉とおそば。

150723plane (9)

洋は、デザートがティラミスでした。

機内食が美味しかったので、オーバーチャージの怒りが少しは収まり、帰国の途に就いたのでした。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。