自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本から3,000人以上が参加、日中友好交流大会
2015年 06月 10日 (水) 16:49 | 編集
北京に行った目的の一つは、人民大会堂で行われた日中友好交流大会に参加することです。

事前に登録された方しか入れません。それから、指定の車でなければ行けません。ということで、5月22日(土)18時開始の交流大会に向けて、15時50分にニューオータニホテルをバスが出発します。時間を守るのが日本人。集合時間が15時50分だったのですが、ほぼ同時刻には出発できました。ニューオータニホテルから天安門広場までは車で10分もあれば行くそうですが、土曜日のこの時間帯は大渋滞。車が全然進みません。30分以上はかかりました。

車窓の向こうに天安門が見えます。あの写真は毛沢東か?

150523party (4)

3,000人も来るのだから、バスは何台来るのだろうか?天安門広場が駐車場になっています。

150523party (1)

天安門広場には100万人が集まることができると言っていました。

向こうに天安門が見えます。

150523party (3)

人民大会堂に入るには、招待状が必要で、パスポートの確認をし、金属探知機で持ち物検査もしました。だから長蛇の列ができていました。

150523party (2)

人民大会堂はロシア様式の建築だそうです。

150523party (5)

そして、中国の国旗にもある5つの星。

150523party (6)

大きな星は中国共産党、4つの小さい星は労働者、農民、知識階級、愛国的資本家を意味するそうです。

人民大会堂の中に入ると、各所各所にボランティアらしい女学生がいて、「こんにちは」と挨拶をしています。

150523party (7)

階段の下に大きな絵があり、皆さん記念写真を撮っています。

150523party (8)

我々が歩いた階段とは違う、赤いじゅうたんが敷かれた階段。VIPはこちらの階段を通るのでしょう。

150523party (12)

その階段を上ったところにまた大きな絵がかかっていて、記念撮影ポイントになっています。

150523party (13)

パーティー途中に抜け出して改めて見ましたら、床に番号が書かれたシールが貼っていて、記念写真を撮影したことがわかります。

150523party (14)

その真ん中には、

150523party (15)

星印のところは、中国側のホストの立ち位置、赤い色の1番のところは中国側の第一順位の役職者、黄色の1番のところは日本側の第一順位の役職者の立ち位置であることが想像できます。今回の交流会には、事前に習近平国家主席が参席するかもしれないという噂がありました。ということは、星印は習主席の立ち位置でしょう。

今回の交流大会には、日本側だけでも3,000名以上が参加しています。ですから、席図もこんなに巨大です。

150523party (10)

そして、私のテーブルは29番。すごく前です。

150523party (11)

着席した状態では、こんな感じになります。これは一番後ろから見た光景。3,000人に一斉に給仕をするのはとても大変だと思いましたが、どうってことないそうです。なんと、別のホールでは1万人の宴会ができるんだそうです。

150523party (16)

一番前のVIP席は円卓になっていて、自民党の二階総務会長をはじめとして、経済界の重鎮のお歴々が座っていたようです。その中に、埼玉県知事もいましたね。

ステージ上は豪華な装飾です。

150523party (9)

メニューを見ると中国料理のコースです。パンダの箸置きが可愛いです。

150523party (17)

開始前のBGMは、谷村新司の「昴」から。中国では「昴」は広く知られているのでしょう。

そして、二曲目は、なんと、「津軽海峡冬景色」。中国でこの歌は有名なのか?「上野発の夜行列車降りた時から~」と人民大会堂に鳴り響きます。でも、歌っているのは石川さゆりではないような気がします。

三曲目は、テレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」。「もしもあなたと~逢えずにいたら~」、日中友好交流大会のこの場で、この歌詞。練り上げられた演出です。

さて、交流大会は、冒頭、噂通りに習近平国家主席の登場です。一気に盛り上がる会場。

150523party (18)

司会者が、しきりに、挨拶時の写真はNGだと言うので、挨拶中の写真は掲載しません。

150523party (19)

習主席と目が合っちゃいました。貫禄がすごい。

150523party (20)

習主席の挨拶は、遣唐使の時代から交流の歴史があったこと、戦後の日中国交回復には先人の多大な努力があったこと、歴史を変えることはできるが隣国を変えることはできないこと、若者が幸福になれば国が栄えること、先人が木を植えれば後人は涼しいこと、全般的に日本に対しては厳しい内容でありながら、日中の友好交流は進めていくというものでした。

日本側の代表は、二階総務会長が挨拶をしました。挨拶では、東日本大震災後に日本の子どもたちが500名、海南島に招待されたことに謝意を述べ、今年の秋には日本に中国の子どもたち500名を招待することを表明しました。

150523party (21)

習主席はオープニングセレモニーが終わると退席し、アトラクションと食事が始まりました。アトラクションの司会の美男美女。

150523party (22)

テレビ局のアナウンサーだと言っていましたが、驚いたのは、中国語と日本語の二か国語で進行。しかも、日本語にいたっては原稿を読んでいる風ではありません。アドリブにも的確に対応、完璧な日本語です。レベルの高さに驚きです。

アトラクションは、子どもたちの演技から、大人の演技まで、様々ありました。

京劇にはお化けがいるんですね。

150523party (23)

子どもたちがこの場で演じることは、とても名誉なことでしょう。

150523party (25)

一糸乱れぬ、といった感じです。

150523party (26)

この方は、日本に長い間住んでいたそうです。歌ったのは、千昌夫の「北国の春」。

150523party (24)

この曲は、中国でも有名ですね。



この顔芸は不思議でした。顔が変わる変わる。

150523party (27)

どうやっているのか、一瞬にして、顔のメイクが変わるのです。最後は素顔に。

150523party (28)

シルクロードの方から参加した方々もいて、
150523party (29)

この他、著名ピアニストによる演奏や、オペラ歌手の歌など、ステージも和洋中と厭きない構成です。最後は出演者が総揃い。

150523party (30)

帰りは、案の定、帰りのバスに人数が揃いません。ガイドさんは、外に探しに行きますが、外には誰も残っていません。ということは、どうやって帰ったのかはわかりませんが、違う車で帰ったということ?

待ち時間を利用して、夜の天安門広場を撮影。

150523party (31)

毛沢東の記念館には、毛沢東の死体が安置されているそうです。

150523party (33)

空が暗く、漆黒という表現がぴったりです。これだけのバスが帰りを待っているのです。

150523party (32)

今回の交流大会への出席。もう二度と参加することはないでしょう。とても貴重な体験になりました。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。