自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョッパルを食べたんだけど、その時に一緒に食べたお弁当がインパクトがあった
2015年 05月 18日 (月) 08:20 | 編集
一月振りの更新ですね。4月に一度ソウルへ出張したのですが、ほとんど写真を撮れなかったので、新しいネタはありません。

日本では韓流は下火というイメージがあったのですが、BSチャンネルを見ていると、まだまだ韓国ドラマが放送されています。

その中で、BSなんちゃらで、「君の声が聞こえる」を録画して見ています。イ・ボヨンが弁護士役のこのドラマ、ドラマの中でロイズのチョコレートが使われて、ロイズの人気が爆発的に上がったのを覚えています。

あるシーンで、朝起きたイ・ボヨンが、弁当箱にご飯と残り物のおかずを詰めて、その弁当箱を振って、即席ビビンバを作って食べているシーンが出てきました。それを見て思い出しました。

3月の下旬、事務所で最後のランチをしようということになり、「所長何を食べるか決めてください」とのこと。日本でなかなか食べられない料理は何かと考えた時に、思い浮かんだのはチョッパル。昼からチョッパルはどうかと思いましたが、夜には行列ができてなかなか入れないお店があるので、行ってみました。

さすがに昼は行列はありませんでした。そして、昼からチョッパルに焼酎の人たちも結構います。

まずは、マンドゥのスープ。

150325niku (2)

このマンドゥを食べるだけでもお腹がいっぱいになります。

そして、メインのチョッパル。これは、なかなか日本では食べられないでしょう。

150325niku (3)

チョッパルは豚皮の部分と、ずっしりした肉の部分と、どちらが好きか分かれますが、私は、断然コラーゲンたっぷりのこの部分。幼少の頃、豚肉が嫌いで給食で残していた自分が、こんなに豚肉を食べられるようになるなんて、思いもしませんでした。

150325niku (4)

メインのチョッパルは、それはとても美味しかったのですが、思い出したのはチョッパルではなく、それと一緒に食べた料理の方。韓国文化が色濃く表れています。

まずは、きれいに盛り付けられた麺。

150325niku (5)

「混ぜる」文化の韓国では、こんな感じになります。



混ぜて、混ぜて、はさみでチョキチョキ。日本だったら、箸で混ぜながら食べるのかな。でも、こちらは大皿に盛りつけていますので、そういうことはできませんね。

次は、イ・ボヨンもドラマで振っていた弁当箱。

150325niku (6)

弁当箱の中にご飯が敷かれ、おかずがきれいに乗っかっています。日本だったら、このまま食べるでしょう。それを、弁当箱の蓋を閉じて、弁当箱を上下左右に振る、振る、振る。これでもかというくらいに振ります。

その結果、

150325niku (1)

弁当箱の中はもちろんぐちゃぐちゃ、ビビンバのできあがり。これでいいんです。お箸は使わず、スプーンを使って食べるわけですから。

ちょっと驚きましたけど、これが文化の違いなんですね。知らないと、「なんだこれ?」ということでしょうけど、文化の違いを意識すると、「なるほど、そういうことか」と妙に納得します。だから異文化は面白いんです。

さて、次の更新は、いつになりますかね。


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。