自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ソウルの達人への道」は、まだまだ続く
2015年 04月 05日 (日) 11:18 | 編集
前回の更新以降にあったこと。

3月31日(火)、ソウル生活の最終日。

まず、朝早くに起き、ゴミ出し。そして、後任者がたまたま同じアパートの同じ階の部屋に入居するので、生活物資を搬入。さらに、郵便局に行って最後の荷物を自宅に送ります。

そして、また部屋に戻り、ゴミ出しと軽く拭き掃除。

昼になり、アパートの地下に食べに行きます。2年間住んでいて初めて入った食堂で、キムチチゲを食べました。

nendomatu (1)

どでかい鍋に入って出てきましたよ。

nendomatu (3)

そして、中に入っている豚肉は、なんとロース肉一枚。このお肉をはさみでチョキチョキ食べやすく切ります。

nendomatu (2)

ついでに、キムチも切らないと食べられません。味もまずます。これだけのボリュームで6,500ウォンだったかな。満足度が高いです。もっと早く来ておけばよかったですね。

食事が終わり、14時に部屋の確認。

nendomatu (4)

2年間過ごしたこの部屋とお別れです。

nendomatu (5)

それから、事務所へ。15時過ぎに、あいさつ回りのお客様が一組お見えになりました。

机の周りは、前日の夜中にあらかた整理していたので、残すは月間の業務報告書の作成と提出です。

ですが、この日は、17時から、東大門のホテルであるレセプションに呼ばれていたので、そのまま事務所を後にします。

レセプションは、4月1日に景福宮を出発する朝鮮通信使ウォークの出発式です。

nendomatu (6)

4月1日から5月22日まで、日本人と韓国人が、昔、朝鮮通信使が通った道をたどり、東京の日比谷公園をめざします。参加者の平均年齢は70歳以上。これぞまさに、日韓友好です。その後、送別会をすると言われましたが、まだ仕事が残っており、そういうわけにもいかないので、早々に失礼しました。

東大門から明洞まで路地裏を歩き、

nendomatu (7)

妻と娘が泊まっているホテルにキムパップを持っていき、それから事務所へ。

業務報告書を書き、何とか送信することができ、最後は、2年間使ったスマホのデータ消去です。これがまた、うまくいかないのです。データを初期化したいのに、それができません。パスワードが違うだとか、接続に失敗したとか。全く便利なんだか、不便なんだか。結局、初期化はできなかったので、要らないデータを一つ一つ消去し、無駄に時間がかかります。

0時を過ぎ、地下鉄がまだ動いていたので、地下鉄に乗って、往十里へ。

この日はホテルを取らなくて正解です。どうせ、3~4時間しか入れないのですから。

往十里のチムジルバンに入ったのは1時前。

nendomatu (8)

何回かチムジルバンに入ろうと思って、床に横になったら最後、気が付いたのは4時50分。焦りました。というのは、妻と娘は5時50分にホテルを出発するので、それまでにスーツケースを取りにホテルへ行かなければならないのです。

しかも、ロッカーの鍵がない!これは、焦りました。寝ている間に、無意識のうちに、手首の鍵を外してしまったのでしょう。ロッカーには財布が入っています。一通り歩いたところを確認しましたが、どこにも、鍵はありません。それで、番台のおじさんに聞くと、見つけて保管しておいたとのこと。ひとまずホッとしました。

軽く汗を流して、チムジルバンを後にします。運よくタクシーがいたので、明洞のホテルに向かいます。そこで、また問題。スマホが通じません。ネットワークの設定がおかしいのでしょう。何度かけても通じません。仕方がないから、ホテルのフロントで部屋に電話をしてもらって、スーツケースを受けとります。

重いスーツケースを運びながら、いったん事務所へ。朝6時、掃除のおばさんが、もう仕事をしています。この事務所とももうお別れです。他の荷物を持って、今度は仁川空港に向かいます。

バス停は、韓国銀行の前。

nendomatu (9)

仁川空港到着は、出発時間の2時間半前。十分時間の余裕があるはずでした。

しかし、チケットを買った時にパスポートの情報などを入力していないため、自動チェックインができませんでした。カウンターの前には長蛇の列。40分は待ったでじょうね。ようやく順番が回ってきて、そして、カウンターへ。そうしたら、信じられない言葉が。

「オーバーステイです。」

えっ、そんなはずはないはず。入国したのが4月2日だったので、4月2日までのはず。いや、そういえば、昨年、滞在期間を延長した時に、3月31日までの辞令を入国管理局に提出したので、滞在期間が3月31日までになっていたんだ。しまった。

このままではチェックインできないので、入国管理局へ行くように、それから、搭乗時間は9時50分なので、30分前にはチェックインを済ませてくださいと言われ、カートを押しながら、走って入国管理局へ。

搭乗便が今日しかなかったと事情を説明します。その場合は、あらかじめ、滞在期間の延長をしなければならないそうです。日本人はノービザで90日間滞在できるんじゃないのと聞いたら、それは、観光客の場合だそうです。

手続き自体はすぐに終わり、パスポートに記入され、外国人登録証はその場で回収。そして、また、大韓航空のチェックインカウンターへ。今度は、搭乗券がなかなか発券されません。先ほど、途中で手続きを中止したのが原因だそうです。

搭乗券が出てくるまで、しばらく待って、オーバーチャージ料7万ウォンを支払い、ようやく、手荷物検査、出国審査を終わり、空港の中に。その時点で、搭乗時間まで残り30分間。朝から何も食べていないので、腹が空いています。でも、何か食べる時間はないし、しょうがないので水だけ買って、搭乗ゲートへ。

搭乗時間を待っている間に、韓国観光公社の免税店の店長さんが見送りに来てくれました。店長さんは面倒見がよく、滞在中にいろいろとお世話になりました。

2時間半のフライト時間で日本モードにしなければならないのですが、なかなか韓国気分が抜けないまま、日本に帰国。

青森空港で、到着ロビーに出ると、セレモニーを行っていました。

nendomatu (10)

この週は、青森空港のソウル便が就航して20周年の記念ウィークです。

到着者に記念品とリンゴのプレゼントです。

nendomatu (11)

それから、青森空港特製のチャジャンミョンができたということで、レストランに行ってみました。

nendomatu (12)

しかし、販売は4月3日からだそうで、残念。でも、何かを食べたいという気持ちを抑えることはできません。機内食は食べたのですが。

そこで、空港から県庁に向かう途中のラーメン屋で一休み。

nendomatu (13)

韓国では、このような醤油ラーメンを食べることができませんからね。

nendomatu (14)

さくっとラーメンを食べて、

nendomatu (15)

まっすぐ県庁へ。

kencho0401.jpg

2年ぶりの県庁。ドキドキします。いくら県庁生活が長くなっても、異動があるとドキドキします。まして、2年前までと所属する部局が違うのですから、部局が違えば、伝統もカラーも違います。

まぁ、この日は、前任者からの引継を受けるだけで終わります。ただ、それだけでは終わらないのが仕事。かといって、過去の経緯を全部知るためには膨大な資料を見なければなりません。

翌、4月2日(木)。2年間の間に、朝のバスの便が悪くなっていました。この日は、午前、午後と打ち合わせがあり、あっという間に一日が過ぎ、夜は、課の結団式です。

翌、4月3日(金)。この日は、ソウル便の20周年記念式典がある日です。昼前に青森空港に向かい、到着されたお客様を出迎え。荷物の見張りをしていたため、記念式典を見ることはできませんでした。

それから、お客様を市内へ案内です。まずは、アスパムの近くのお寿司屋さんで昼食から。

nendomatu (17)

機内食を食べてきているはずなので、軽めにお寿司の昼食です。雨降りの天気だったので、あちこち行くことはできませんでしたが、お客様のうちの一人が麻浦にお住まいということで、近くの市場や、焼肉屋の話題で盛り上がり、打ち解けることができました。しかし、会話はまだまだですね。一層の勉強と実践が必要です。

そして、夜は、ホテルで20周年の記念レセプションです。

nendomatu (20)

かなり力を入れて準備したレセプションは、御来場のお客様も多く、大盛況でした。特に、マグロの刺身は抜群でした。

nendomatu (21)

さらに、にぎり寿司も大人気。

nendomatu (19)

二次会にも出て、家に帰ります。

翌、4月4日(土)、まず、朝8時にホテルを出発するお客様をお見送り。

それから、市役所に行き、転入届をしようと思いました。しかし、パスポートを持っていないこととと、戸籍謄本が必要なため、手続きはできませんでした。平日は、間違いなく市役所に行く時間はないから、休日に来たのですが...戸籍は八戸市にあるため、親に頼んで取ってきてもらわなければなりません。青森市からは、八戸市の戸籍情報を見ることができないんだそうです。これだけIT化が進んだ社会で、まだこんなことをしているのか、不思議でなりません。この辺りの手続きをインターネットで行うことができれば、どれだけ便利なことか。どうにかしてほしいと、少し、イラッ。

そして、おにぎりとカップラーメンを買い込んで、職場に行き、31日にEMSで送った荷物の整理。その後は、仕事の書類を読む時間。やはり、書類をじっくりと読むには、休日に、一人出勤して読むのが一番です。ただ、時々、読んでいるのか、眠っているのかわからなくなる瞬間がありますけど。

夜は、青森市内の老舗のうなぎ屋さんで、韓国の有名写真作家チョ・セヒョン先生を囲んでの夕食会です。

nendomatu (22)

このうなぎ屋さん、セヒョン先生が青森に来る時は、必ずうなぎを食べに来るそうです。

nendomatu (24)

お刺身もおいしいです。

nendomatu (23)

最後は、うな重が普通に一人分でますので、お腹はいっぱい。

nendomatu (18)

セヒョン先生は、いつお会いしても恰好がいい。そして、この日は、八甲田の雪の回廊を撮影したそうで、フェイスブックの写真を見ると、不思議なことに道路が水色で、回廊の間に川が流れているように見えます。

そして、4月5日(日)。私はいつも通りに起きましたが、部活の練習がない子どもたちが起きてきません。家でゴロゴロしています。

さぁ、明日からは待ったなしで仕事が待っている、というか、一つも片付かないうちに、どんどんと増えていく一方。仁川の大学で講演した時にいただいた、朝鮮人参エキスで今月は乗り切れそうですが、じき、朝鮮人参とロイヤルゼリーの複合ドリンクでも韓国から買ってこないと、体力が持ちません。

ということで、このブログ、これから更新頻度は少なくなりますが、出張で韓国へ行くような場合は、写真を撮りためて、続けていきたいと思います。


by aero-K
関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
初めまして。在日で青森民団本部様にお世話になっております。
毎回、楽しみにして拝見しておりました!
きれいな写真とくわしく書かれた文面で、
韓国に行った気分でございました。
どうもありがとうございます!
2015/ 04/ 05 (日) 19: 11: 12 | URL | 李 # RJpFI3po[ 編集 ]
Re: タイトルなし
初めまして。
今後もポツポツ更新していきますので、遊びに来てください。
2015/ 04/ 06 (月) 02: 19: 51 | URL | ソウルの達人への道 # -[ 編集 ]
やはり…(>_<)
帰国時のアクシデント大変でしたね。でも…ブログで読ませてもらうとスリル満点で面白い。ごめんなさい(^_^;)
帰国からずっとお忙し毎日。無理しないでくださいね。
今年は青森にも行きたいなぁ~~♪
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
2015/ 04/ 06 (月) 10: 01: 49 | URL | たんぽぽ # -[ 編集 ]
Re: やはり…(>_<)
転んでもただじゃすまない?なんて。
2015/ 04/ 18 (土) 23: 24: 29 | URL | ソウルの達人への道 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。