自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大邱、梅の花、路地裏、おしまい
2015年 03月 18日 (水) 12:33 | 編集
さて、今回の大邱のレポートは今回でおしまい。

まず、工具通りにあった工具博物館は休館日でした。

150309lunch (1)

外観はとてもきれいです。

150309lunch (2)

そして、中心部に向かい、路地裏を歩きます。

150309lunch (3)

夜は薄暗いかもしれない通り。

150309lunch (4)

旅人のための安宿もあちこちにあります。

150309lunch (5)

慶尚監営公園は1601年に大邱に移ってきた慶尚道の監営(朝鮮時代、各道の観察使が暮らしていた官庁)が初めて置かれた所です。

150309lunch (6)

ちゃんと馬を降りる場所があります。

150309lunch (7)

園内は、梅の咲き始めでした。

150309lunch (15)

公園でちょっと休憩し、周辺をぶらぶらします。このように、昔の門があった場所に石碑があったりします。

150309lunch (8)

今は、完全に繁華街になっています。

150309lunch (9)

そして、こういうところには、ウォーキングコースの看板があったりします。

150309lunch (19)

ビルとビルの間には、まだ路地裏が残っています。

150309lunch (17)

今後、再開発により、このような路地もなくなるのでしょうか?

150309lunch (18)

現代デパートのすぐ近くには、在来市場があります。

150309lunch (10)

ちょっと薄暗い市場です。

150309lunch (11)

気のせいか、寿司屋が目に付きました。

150309lunch (12)

こちらにも。

150309lunch (13)

薬令市の通りは、整備されてとてもきれいです。恐らく、この通りは電線は地中に埋まっています。

150309lunch (14)

歴史のある街だけに、紙屋もあります。

150309lunch (20)

かと思うと、小さな洋服屋が軒を連ねていたり。

150309lunch (16)

でも、街中に残っている韓屋は、いずれ、なくなってしまうのでしょう。

150309lunch (21)

最後、この食堂が、美味しそうな雰囲気がプンプンしていたのですが、KTXの時間が近いので、あきらめてソウルへ戻りました。

今回、久しぶりに訪れた大邱、これまでは、日本人街があったことなどわかりませんでしたが、地元の先生にご案内いただいて、とても勉強になりました。過去をすべて否定するのではなく、歴史の一コマとして振り返ることができる日が早く来ればよいなと思いました。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。