自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大邱、夜の顔
2015年 03月 16日 (月) 09:27 | 編集
大邱の宿所は、こちらのモーテル。

150308night (1)

ちゃんとベッドがあります。

150308night (4)

浴室とトイレは別。

150308night (3)

なんと、一部屋2万5千ウォン。これは、今までに泊まったモーテルの中で一番安いかもしれない。ただ寝るだけですから、安いに越したことはない。

とあるゲストハウスで、ジャスの生演奏を聞けるということで行ってみました。日中に行った歴史館はライトアップされています。

150308night (2)

途中にあった改装中の建物。

150308night (5)

慰安婦の歴史館だそうです。3月8日にオープンだそうですが、この日はまさに3月8日。

150308night (6)

その近く、学校の隣にあった建物。

150308night (7)

中庭に入ります。

150308night (8)

ここは、旧山口陶器店。

150308night (9)

建物を改修して、お店になっています。

150308night (11)

残念ながら、日曜日なのでお休み。

150308night (13)

2階もあります。

150308night (12)

2階には和室もあります。

150308night (14)

床の間もある畳の部屋です。

150308night (15)

畳はどこから調達するのかななぁ?

外にあった、手書きの地図。よくできているので、想像が付きます。完全に日本人街です。

150308night (10)

さて、二次会は軽く、おでんに焼酎です。

150308night (16)

おでんは1本700ウォンだったかな。

150308night (17)

途中で、豚プルコギを追加。

150308night (18)

炭火で焼けたプルコギが美味しかったです。

150308night (19)

さて、モーテルへ戻り、先ほど食事をしながら充電したはずのスマホが充電されていません。コンセントに刺しましたが、反応しません。スマホを充電できなければアウトです。なんで、こんな時に、USBケーブルがダメになるかなぁ、と思いながら、コンビニに探しに行きました。

ここから先は、写真がありません。

昼に街歩きをしていた時に気づいたんですが、大邱には、ソウルのようにコンビニが多くはありません。少なくとも、モーテルのまわりにはありません。そこで、夜の大邱を、コンビニを探しながら歩きます。

すると、交差点に立っている二人の女性。だいたい想像はつきますが、そのまま歩いていくと、一人が腕をつかんできました。遊んで行けと言うことでしょう。ここでつかまるわけにはいかないので、手を振りほどいて、歩いていきます。後ろでなんか言っている声が聞こえます。

大邱駅の前に出ましたが、コンビニはなく、駅前から伸びている道を歩き、一軒目のコンビニにUSBケーブルはなく、二軒目のコンビニにもなく、三軒目のコンビニでようやく見つけて、購入し、モーテルへ戻ります。なるほど、映画館なんかあるんだと思いながら。

すると、モーテルの近くにある、とある旅館。ドアが開いていて、中には数室あるようです。男性が、すっと入っていきます。なるほどなぁ、そういうことか。私も近づいていくと、中から、マスクをしたおばちゃんが出てきました。

「ここは何?」
「○○○」
「アガシいるの?いくら?」
「〇万ウォン、アジュンマ〇万ウォン。入らないの?入ってよ」
「ただ聞いてみただけ」
「あっそ」

てな感じで、おばちゃん、中に入っていきました。冷やかしの客に付き合っている暇はないということでしょう。なるほどなぁ。どこの街にも、昼の顔と夜の顔があるんだ。でも、どうやって、そういう旅館を見分けるのだろう?

さて、モーテルへ戻り、買ったばかりのUSBケーブルでつないでみても無反応。それもそのはず、延長ケーブルのプラグがコンセントから外れていたんです。それじゃ充電できないはずだ。

恐らく、そのまま床に寝てしまったのでしょう。気が付いたら、朝6時でした。


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。